新規会員登録画面を閉じる

カザフスタンの旅行情報・観光ガイドカザフスタンの旅行情報・観光ガイド

壮大できらびやかな首都アスタナを抱える国、カザフスタン


カザフスタンはユーラシア大陸の中央に位置する共和国です。多彩な民族がすんでいる国で、最も多いのが65%を占めるカザフ系住民です。そのほかにもロシア系・ウズベク系・ウクライナ系・ウイグル系・タタール系・ドイツ系といった住民が住んでいます。公用語はロシア語で、国家語としてカザフ語が憲法により制定されていますが、大部分の住民が使えるのは、ロシア語です。宗教では、イスラム教徒が70%、キリスト教徒が26%ほどを占めています。ソビエト連邦が崩壊した1991年に独立しました。
カザフスタンは同国最大の都市であり、商工業と文化の中心であるアルマトイを首都に定めていましたが、1997年に遷都、現在はアスタナが首都になっています。アスタナに首都を遷すにあたって政府が主催したコンペで、日本人建築家の黒川紀章氏が1位を獲得、アスタナは氏の都市計画案に従って開発されることになり、それは現在でも進行しています。石油を産出するカザフスタンのオイルマネーはアスタナ開発に投入され、壮大な建物がいくつもつくられています。旅行ガイドでも紹介されるような代表的なものは、カザフ語で「高いポプラの木」を意味するバイレテックというモニュメントで、105mの高さがあり、アスタナのシンボルとなっています。

カザフスタン Information

Information

カザフスタン国旗

首都
アスタナ
面積
2,717,300
通貨
テンゲ(KZT)
言語
カザフ語、ロシア語
人口
16,600,000
時差 
UTC +6(−3時間)

ヨーロッパとアジアにまたがる国カザフスタンへの行き方カザフスタンへの行き方

ユーラシア大陸の中央に位置するカザフスタンは古くから東西交易の要衝として栄え、さまざまな人種や文化が混在する国です。近年では鉱物資源の輸出で経済発展を遂げ、日本人建築家による都市計画をもとにした新首都建設で話題となりました。
そんなカザフスタンへ行くには日本からの直行便がないので、新首都アスタナへはUAEのアブダビやウズベキスタンのタシュケントなどを経由、旧首都アルマトイへは韓国の仁川や中国の北京などのハブ空港を経由するのが一般的です。アスタナへの所要時間としてはタシュケントからが約2時間、アブダビからは約4時間40分です。アルマトイへは仁川から7時間弱、北京からが約5時間20分です。しかしどの空港からも毎日の就航便がないので、カザフスタンへの旅行を考える際にはアクセス方法をよく調べる必要があります。

カザフスタンの代表的な都市Typical cities


ラ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)