新規会員登録画面を閉じる

キルギスの旅行情報・観光ガイドキルギスの旅行情報・観光ガイド

遊牧騎馬民族の末裔が暮らす国、キルギス


キルギスは中央アジアに位置し、日本の約半分の面積を占める共和制国家です。1991年にソビエト連邦が崩壊するまで、旧ソ連の構成国の一つでした。民族の70%をキルギス人が占めるほか、ウズベク人やロシア人、それにトルコ人や高麗人など多数の少数民族が暮らす多民族国家です。
言語はキルギス語が国家語、ロシア語が公用語として用いられています。首都ビシュケクなど都市部周辺では、キルギス語よりロシア語が用いられる場合が多いようです。
キルギス人の容貌は、日本人ととても良く似ています。そのために、日本に関心を持つキルギス人が多く、日本語教育にも力を入れています。子供の伝統的な遊びにコマや凧揚げによく似たものがあったり、勤勉な性格で家族の絆を大切にしていたり、メンタル面でも共通する部分が多いようです。中央アジアの中では比較的治安が良く、訪れやすい国といえます。
「中央アジアのスイス」と呼ばれるほどスケールの大きい山々の美しさと、遊牧民が暮らすのどかな草原も大きな魅力です。「中央アジアの真珠」と呼ばれるイシククル湖は、たいていのツアーで訪れることができますが、行き先に含まれていないこともあるので、旅行ガイドなどであらかじめ確認しておく方がよいでしょう。また、年に一度の独立記念日に開催される伝統的な騎馬競技大会は、騎馬民族の末裔であるキルギス人の精神文化を垣間見ることができる貴重な機会です。

キルギス Information

Information

キルギス国旗

首都
ビシュケク
面積
198,500
通貨
ソム(KGS)
言語
キルギス語、ロシア語
人口
5,600,000
時差 
UTC +6(−3時間)

キルギスへ行くにはウズベキスタンかロシア経由がおすすめキルギスへの行き方

中央アジアに位置し、カザフスタン、中華人民共和国、タジキスタン、ウズベキスタンの4つの国と国境を接するキルギスへ行くには、日本からの直行便がないため、主にカザフスタンとウズベキスタン、そしてロシアを経由して行くことになります。
利用が多いのは、アエロフロート航空のモスクワ経由とウズベキスタン航空のタシケント経由です。モスクワ、タシケントともに、成田空港から直行便が就航しています。飛行時間はモスクワ経由であれば14時間、タシケント経由だと8時間です。
カザフスタン経由の場合はさらに韓国を経由することになり、ソウルからアルマトイに到着後、タクシーか航空便でキルギスの首都ビシュケクに入る形になります。
また、中国大陸を横断して列車やバスで向かうことも可能ですが、所要時間が大幅に長くなり、チケットの入手が困難な可能性があります。

キルギスの代表的な都市Typical cities


ア行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)