新規会員登録画面を閉じる

レバノンの旅行情報・観光ガイドレバノンの旅行情報・観光ガイド

緑があふれる中東の国 レバノン


レバノンは地中海に面する中東の国で、シリアとイスラエルに隣接しています。東西貿易の中継点として栄えたこの国は中東には珍しく砂漠がないので、近隣の国から避暑地として人気があります。
国土のほぼ全域が地中海性気候に分類されるので、温暖でカラッと晴れた日の多い夏季はとくに過ごしやすいです。
旅行ガイドで人気の高い観光地としては5つの世界遺産があります。古代フェニキア人の発祥の地として知られるレバノンには、紀元前2500年頃からできた都市「ティルス」や「ビブロス」など当時をしのぶことができる遺跡が多く残っています。東部のベカー高原には「バールベック」と「アンジャール」の2つの世界遺産があります。「バールベック」は1世紀ごろにローマ帝国によって建てられた神殿が2~3世紀にかけて発展し、キリスト教が広まったころには教会になり、アラブ人が進行した後には要塞へと変化しました。「アンジャール」は8世紀のウマイヤ朝時代に築かれた宮殿やモスクなどの遺跡群です。南北385メートル東西350メートルにおよぶ城壁は、ビザンチン様式を色濃く残しています。「カディーシャ渓谷と神の杉の森」はレバノン中部のレバノン山脈にあり、フェニキア人の繁栄の源を物語る場所です。こちらにはレバノン杉が自生していて、かつてフェニキア人がガレー船などを造る資材として活用していました。またレバノン杉は現在も国の象徴であり、国旗の中央にも描かれています。

レバノン Information

Information

レバノン国旗

首都
ベイルート
面積
10,400
通貨
レバノン・ポンド (LBP)
言語
アラビア語
人口
4,822,000
時差 
UTC +2(DST:+3)(−7時間 サマータイム時−6時間)

レバノンの代表的な都市Typical cities


レバノンの都市一覧

検索

サ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)