新規会員登録画面を閉じる

リヒテンシュタインの旅行情報・観光ガイドリヒテンシュタインの旅行情報・観光ガイド

小さいながらも裕福な国、リヒテンシュタイン


リヒテンシュタインは中央ヨーロッパに位置している公国で、周りをスイスとオーストリアに囲まれています。海へ出るためには、二つの国境を越えなくてはならない内陸の国です。領有面積は160平方キロメートルで、旅行ガイドによると日本の小豆島と同じくらいの大きさになります。約3万6千人が住んでおり、ドイツ系のアレマン人がその大半を占めます。公用語はドイツ語で、国民のほとんどはキリスト教徒です。永世中立国であり、軍隊もありません。通貨はスイス・フランで、EUへの加盟も行っていない国です。
元首を輩出するリヒテンシュタイン家は、もともとオーストリアのハプスブルク家に仕える貴族で、当主は現在でもオーストリアの国籍を持っています。また、その莫大な資産はヨーロッパの君主の中でも随一と言われるほど裕福で、外国に公国の何倍もの広さがある土地を所有しており、銀行も経営しています。そもそもリヒテンシュタインの成り立ちは、シェレンベルク男爵領と、ファドゥーツ伯領を購入したことから始まっているのです。
公国はタックス・ヘイブン政策を行っていて、税収の40%は法人税だといわれています。
そのため国民には所得税・住民税・相続税が課せられていません。

リヒテンシュタイン Information

Information

リヒテンシュタイン国旗

首都
ファドゥーツ
面積
160
通貨
スイス・フラン(CHF)
言語
ドイツ語
人口
36,000
時差 
UTC +1(DST:+2)(−8時間 サマータイム時−7時間)

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインへの行き方リヒテンシュタインへの行き方

スイスとオーストリアに挟まれた世界で6番目に小さな国リヒテンシュタインは、リヒテンシュタイン家が治める公国で、非武装中立政策をとる国です。首都ファドゥーツには大公の居城や、美しいことで世界的にも有名な切手や絵葉書を売る郵便局があり観光客にも人気です。
そんなリヒテンシュタインに行くためには、日本からの直行便がないため周辺の国を経由する必要があります。一般的な方法としてはスイスから国鉄とバスを乗り継ぐ方法で、チューリッヒ中央駅からザルガンスへ向かい、バスに乗ってファドゥーツへ入るルートが比較的スムーズです。所要時間としてはチューリッヒ中央駅からザルガンスへが約1時間、ザルガンスからファドゥーツまでが約30分かかります。
また国内に空港がないので日本から行く場合、最寄りの国際空港は隣国スイスのチューリッヒ空港となります。

リヒテンシュタインの代表的な都市Typical cities


リヒテンシュタインの都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)