新規会員登録画面を閉じる

マラウイの旅行情報・観光ガイドマラウイの旅行情報・観光ガイド

国名がついた湖が有名なマラウイ


マラウイはアフリカ大陸の南東部にある内陸国で、東側にあるマラウイ湖にそった南北に細長い形が特徴の国です。公用語は現地のチュワ語と英語で、イギリス連邦加盟国であるため英語が通じやすい国です。
気候は熱帯性気候に属していますが、高地にいくと涼しく、雨季も地域によって降水量にかなり差があります。渡航を考える際には旅行ガイドなどを参考にして、訪れる地域の気候にあった服装を持っていくようにしましょう。
国土の20%を占めるマラウイ湖は、湖とその周辺が国立公園に指定されていて、1984年に「マラウイ湖国立公園」として世界遺産に登録されています。こちらには500種類以上の魚類の生息が確認されていて、その多くが固有種です。魚類のほかにもワニやカバ、カワウソなども生息していて観光客に人気のスポットです。
ほかにも中部にあるデッザ県の「チョンゴニの岩絵地域」が2006年に世界遺産として登録されています。こちらの岩絵や洞窟壁画には、石器時代にトゥワとよばれる狩猟採集民によって狩人が描かれたものと、それ以降にチュワ族が描いた農業的なものの2種類があります。チュワ族は20世紀になるまでこの地域の洞窟に住み、たくさんの岩絵を描いています。また洞窟壁画などの遺跡はチョンゴニ森林保護区内を中心に127確認されています。

マラウイ Information

Information

マラウイ国旗

首都
リロングウェ
面積
118,480
通貨
マラウイ・クワチャ (MWK)
言語
チェワ語、英語
人口
16,363,000
時差 
UTC +2(−7時間)

2回以上の乗り継ぎが必要な国 マラウイマラウイへの行き方

マラウイはアフリカの南東部、タンザニア・ザンビア・モザンビークに囲まれた国です。国のほぼ中央部に位置する首都リロングウェにあるリロングウェ国際空港と、南部の街ブランタイヤにあるチレカ国際空港が空の玄関口となっています。
日本からの直行便はなく、また乗り継ぎも2回以上必要で、合計24時間以上の所要時間になるルートがほとんどです。周辺諸国や乗り継ぎをする国の観光をうまく組み合わせると良いでしょう。
乗り継ぎが2回で済む方法としては、成田空港から香港もしくはシンガポール、マレーシアなどを経由し、南アフリカのヨハネスブルグに到着、そこからリロングウェ国際空港へ向かうという経路があります。または香港やタイのバンコクを経由してエチオピアのアディスアベバへ向かい、飛行機を乗り換えてチレカ国際空港に到着という方法もあります。

マラウイの代表的な都市Typical cities


マラウイの都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)