新規会員登録画面を閉じる

モンテネグロの旅行情報・観光ガイドモンテネグロの旅行情報・観光ガイド

東欧の歴史と野生生物が魅力のモンテネグロ


モンテネグロはアドリア海に面する、以前ユーゴスラビア社会主義連邦共和国を構成していた国のひとつです。現在は他の国となった、セルビアやクロアチアなどと国境を接しています。ユーゴスラビア解体後は欧州連合の働きかけもあり、国家連合セルビア・モンテネグロが成立しましたが、2006年に独立しました。
モンテネグロの気候は地中海性気候で温暖ですが、山間部では朝晩の冷え込みが強いので、服装に注意が必要です。渡航を考える際には旅行ガイドなどで目的地の気候を知って、持っていく衣類を選ぶようにしましょう。
モンテネグロでもっとも人気の高い観光スポットは、世界遺産の2か所です。コトルはコトル湾に面していて、古代ローマ時代には名前が出てくる歴史の長い都市です。1979年に「コトルの自然と文化歴史地域」として登録されました。中世の古い町並みが保存されているコトルには、12世紀に建てられた聖トリンプン大聖堂や、ロマネスク様式の聖ルカ教会などがあり、東方正教会によくみられる聖画が多く飾られています。ドゥルミトル山を中心とした国立公園は、氷河時代に形作られた起伏の多い地形が特徴です。1980年には動植物に固有種が多いということなどが評価されて世界遺産に登録されました。代表的な動物はヒグマやシャモア、多彩な猛禽類などです。

モンテネグロ Information

Information

モンテネグロ国旗

首都
ポドゴリツァ
面積
13,812
通貨
ユーロ(EUR)
言語
モンテネグロ語
人口
621,000
時差 
UTC +1(DST:+2)(−8時間 サマータイム時−7時間)

豊かな自然と歴史的な街並みが楽しめるモンテネグロへの行き方モンテネグロへの行き方

美しいビーチリゾートとして世界的に名前を知られるリビエラや、南欧最大のフィヨルド、世界遺産にも登録されている中世の城壁に囲まれた港町コトルなど、モンテネグロにはたくさんの見どころがあります。また自然豊かな国としても知られ、ヨーロッパでは休暇を過ごす場所としても人気があります。
そんなモンテネグロへ日本から行くには、ヨーロッパの主要空港を経由する方法が一般的です。日本からの直行便がないためどこかの空港で乗り継ぎをおこなわなくてはいけないのですが、比較的便利なのはウィーンを経由するルートです。所要時間としては成田空港からウィーンまでが約12時間、ウィーンから首都のポドゴリツァまでが約1時間半です。
またイタリアから出ている定期船を使ってバールやコトルなどの国際港に入る方法や、周辺国からセルビアを経由して鉄道で入る方法などもあります。

モンテネグロの代表的な都市Typical cities


モンテネグロの観光スポットTravel Guide List

観光

旧市庁舎

コトル[モンテネグロ]

武器の広場にある旧市庁舎は、かつてオ…

詳細を見る

観光

カランパーナ

コトル[モンテネグロ]

美術館広場に入る路地の真ん中、カフェ…

詳細を見る

観光

グレゴリーナ宮殿

コトル[モンテネグロ]

18世紀に建設されたコトルの貴族グレ…

詳細を見る

観光

ピマ家の館

コトル[モンテネグロ]

かつて港湾都市として栄えたコトルには…

詳細を見る

観光

ドラゴ家の宮殿

コトル[モンテネグロ]

聖トリプン大聖堂の斜めにある建物は、…

詳細を見る

観光

聖ニコラス教会

コトル[モンテネグロ]

教会広場にある聖ニコラス教会は190…

詳細を見る

観光

聖ルカ教会

コトル[モンテネグロ]

教会広場と呼ばれる広場の一角に、小さ…

詳細を見る

観光

武器の広場

コトル[モンテネグロ]

正門の海の門をくぐってすぐの広場は武…

詳細を見る

一覧はこちら

モンテネグロの都市一覧

検索

カ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)