新規会員登録画面を閉じる

アゼルバイジャンの旅行情報・観光ガイドアゼルバイジャンの旅行情報・観光ガイド

世界遺産とシルクロードで歴史を体感するアゼルバイジャン


アゼルバイジャンはロシアやジョージア、イランなどと国境を接する国で、南コーカサス最大の国です。中世にはシルクロードの中継地としてものや人、文化や宗教などが交差した国でもあります。
カスピ海に面している首都のバクーには歴史を感じさせる古い街並みが魅力の旧市街地と、近代的なビルが立ち並ぶ新市街地とがあり対比が見事です。旧市街地には2000年にユネスコの世界遺産に登録された「城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔」があり、10世紀には建造されていた都市の姿を見ることができます。
またバクーから60キロ離れたコブタンの西部には、2007年に世界遺産に登録された「コブスタンの岩絵の文化的景観」があり、国内のみならず海外からの観光客にも人気です。こちらでは5000年以上前に描かれた数万点におよぶ岩絵を見ることができます。この岩絵の中には旧石器時代に描かれたものもあり、狩猟採集の生活をおくっていた当時の様子を知るとこができます。
食事の面では近隣のトルコやイランと似たところがあり、羊を使った料理が多くあります。旅行ガイドによると、ぶどうの葉で米やひき肉を包んだドルマというものが名物料理のようです。立地上イスラム教徒の多い国ではありますが、飲酒に関しては寛大でワインやビールなどを楽しむことができます。

アゼルバイジャン Information

Information

アゼルバイジャン国旗

首都
バクー
面積
86,600
通貨
アゼルバイジャン・マナト(AZM)
言語
アゼルバイジャン語
人口
9,500,000
時差 
UTC +4(DST:+5)(−5時間 サマータイム時−4時間)

空路、陸路、海路で選べるアゼルバイジャンへの行き方アゼルバイジャンへの行き方

アゼルバイジャンは南コーカサス地方、もしくは東ヨーロッパに属する国で、ロシア、ジョージア、アルメニア、イラン、カスピ海に接しています。日本から直行便の飛行機はないため、他国を経由して行くことになります。
成田空港からアエロフロートを利用してロシアのモスクワ、ウズベキスタン航空を利用してウズベキスタンのタシュケント、トルコ航空を利用してトルコのイスタンブール、またはオーストリアのウィーンを経由して、アゼルバイジャン首都のバクーにあるヘイダルアリエブ国際空港へ向かいます。
陸路であれば、ロシア、ジョージア、イラン、トルコから列車で入国することも可能です。いずれの国も日本から直行便が出ているため、ゆっくりとした旅行であれば陸路もおすすめです。上記4ヶ国からはバスも出ており、またロシア、イラン、トルクメニスタンからは船で行くこともできます。

アゼルバイジャンの代表的な都市Typical cities


アゼルバイジャンの都市一覧

検索

ハ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)