新規会員登録画面を閉じる

バーレーンの旅行情報・観光ガイドバーレーンの旅行情報・観光ガイド

「エデンの園」があったといわれる国、バーレーン


バーレーンはペルシャ湾の入り口に浮かぶ33の島々からなる島国で、これらの諸島は隣国のサウジアラビアと全長25キロのキングファハド・コーズウェイで結ばれています。お酒が飲めたり、女性の服装が自由だったりと、イスラム教の国の中にあって比較的戒律が緩やかです。
言語はアラビア語ですが、英語が広く話されていることから初めて中東を訪れる人々には選ばれやすい国です。夏は非常に暑く、特に6月から9月にかけては日中の平均気温は38度まで上がります。そのため11月から3月の冬季に行くのがおすすめです。
首都のマナーマには近代的なショッピングモールや、各国の料理が味わえるレストランがあります。もともと石油収入で発展した国でしたが、近年石油は枯渇してきたため観光に力を入れており、リゾートホテルも多く建設されています。
他にも値段交渉は必須のマサーマソーク(青空市場)で金や真珠、ペルシャ絨毯や伝統工芸品を買うことができます。マナーマ市内には国立博物館、郊外には旅行ガイドにも載っている世界遺産のバーレーン要塞やモスク、バルバル神殿などがあります。南部の砂漠地帯にはサーキット場が建設され、モータースポーツの最高峰であるF1の誘致に成功、2004年からGPレースが開催されており、これを目当てに観光客がさらに訪れるようになりました。

バーレーン Information

Information

バーレーン国旗

首都
マナーマ
面積
758
通貨
バーレーン・ディナール(BHD)
言語
アラビア語
人口
1,332,000
時差 
UTC +3(−6時間)

経由地を選んでバーレーンを目指そうバーレーンへの行き方

中東ペルシャ湾の入り口にある島国バーレーンは、日本からの直行便がないので成田、羽田、中部、関空の各空港から香港経由かドバイやドーハ、アブダビ経由で入国するのが一般的です。所要時間は香港からは約8時間30分、ドバイとアブダビでは約1時間、ドーハからだと1時間以内で首都マナーマがあるムハーラク島のバーレーン国際空港に到着します。この他にも成田空港からイスタンブールやアムステルダム、スリランカを経由する便もあります。あまりお金をかけずに、という場合には成田空港からカタール航空やターキッシュエアラインの深夜便がありますのでそちらを利用するといいでしょう。総移動時間は乗り継ぎの回数や経由地によって様々ですが、最短で約12時間ほどです。また、隣国のサウジアラビア東岸とは橋で結ばれています。サウジアラビアに入国してそちらから車での入国も可能です。

バーレーンの代表的な都市Typical cities


バーレーンの都市一覧

検索

マ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)