新規会員登録画面を閉じる

アルバニアの旅行情報・観光ガイドアルバニアの旅行情報・観光ガイド

古代の神秘が息づく国 アルバニア


東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置し、面積が四国の1.5倍ほどの小さな国、アルバニア。古代ローマからの長い歴史を持ち、ユネスコの世界文化遺産に登録されている街が3か所あります。そのうちの1つ「べラド」は、首都ティラナから南東へ130kmのところにあります。別名「千の窓の街」と呼ばれ、紀元前4,5世紀に築かれました。丘の斜面を覆うように、歴史的な趣のある家屋が建ち並び、石畳の街中を散策すると、まるで古の昔にタイムスリップしたかのような錯覚に陥るほどです。南部の観光拠点サランダから、さらに南へ足を伸ばすと「ブトリント」が、北東方面には「ギロカスタル」があります。現代では貴重なローマ時代の歴史的遺産や要塞、教会などに、これほど数多く接することのできる場所は、世界でも類を見ません。是非、旅行ガイドでこれらの文化遺産を調べて訪れてみてください。
また、最近注目されているのが、秘境の湖「ブルー・アイ」です。非常に透明度の高い水と、水深の深さによって生み出される湖の青い色は、息をのむほど美しいと言われています。
日本からの直行便はなく、周辺国を経由してマザーテレサ(リナス)国際空港に入ることになります。知名度は高くありませんが、生涯に一度は訪れたい国と言えるでしょう。

アルバニア Information

Information

アルバニア国旗

首都
ティラナ
面積
28,748
通貨
レク(ALL)
言語
アルバニア語
人口
2,890,000
時差 
UTC +1(DST:+2)(−8時間 サマータイム時−7時間)

アルバニアに行くには、空路も陸路もヨーロッパ他国経由でアルバニアへの行き方

アルバニアはギリシャの北西、アドリア海に面する位置にある国です。日本から直行できる航空路はなく、また鉄道が通っていないので周辺国から列車で行くことはできません。そのため空路であれば、成田空港からトルコのイスタンブール、またはイタリアのローマ、もしくはオーストリアのウィーンを経由して、首都のティラナ北西にあるマザーテレサ国際空港に飛ぶという経路を選ぶことになります。
また陸路も併用する場合には、ギリシャのアテネにあるラリッサ駅からアルバニア南部の観光都市サランダまで国際夜行バスを利用することができます。この場合アテネにも日本からの直行便はないため、ドイツのフランクフルトやミュンヘンを経由してアテネに行くことになります。周辺国の観光も考えているのであれば、このようにヨーロッパの他国を経由してアルバニアに向かうというのも方法のひとつです。

アルバニアの代表的な都市Typical cities


アルバニアの都市一覧

検索

カ行

タ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)