新規会員登録画面を閉じる

ブータンの旅行情報・観光ガイドブータンの旅行情報・観光ガイド

幸せの国、ブータン


ブータンは、中国やインドと国境を接する南アジアの王国です。ヒマラヤ山麓に位置しており、南部と北部とでは標高差が100mから7561mと、非常に大きいものになっています。そのため国土が日本の九州とあまり変わらない広さであるにもかかわらず、ツンドラ・モンスーン・亜熱帯性と、場所によってかなり気候が変わります。首都ティンプーは標高2320mの場所にあり、気候は暖温帯になります。年間の平均気温は約13.6℃です。
仏教国として知られ、住民のほとんどは仏教徒です。とはいっても同じ仏教ではなく、チベット系とネパール系に分かれています。民族が大きくチベット系とネパール系に分かれるため、言語も公用語はチベット語系のゾンカ語になっていますが、ネパール語と英語も広く使われています。
ブータンは国土の3割近くを国立公園に指定している国です。美しい自然にあふれ、気候の差が激しいので、生息している動植物も多種多様になります。鳥類が675種も生息しているので、バードウォッチングには最適ですし、7000種類以上の植物は、心を和ませてくれることでしょう。
観光目的で入国する場合、インドやバングラデシュといった一部のビザなしで入国が可能な国を除き、個人での旅行が認められていません。旅行会社のツアーを申し込むか、手配を頼まなくてはなりません。旅行ガイドなどでの確認が必要です。

ブータン Information

Information

ブータン国旗

首都
ティンプー
面積
38,400
通貨
ヌルタム(BTN)
言語
ゾンカ語
人口
754,000
時差 
UTC +6(−3時間)

バンコク経由で気軽に行ける幸福の国ブータンブータンへの行き方

ヒマラヤ山脈の東端に位置するブータンを訪れる際、日本からはバンコク経由の空路を利用するのが一般的です。バンコクまでの飛行時間はおよそ6時間半、そこから約2時間で海抜2200メートルの高地に位置するパロの空港に到着し、車で1時間かけて首都のティンプーに向かいます。この場合、羽田空港から就航している深夜便に乗り、早朝にバンコクで乗り換え、午前中の早い時間にパロに到着する形だと負担が少なく、効率よく観光することができます。ブータンの航空会社ドゥルッグ・エアーは、バンコクのほかにもデリやカルカッタなどとの間にエアバスを運行しており、インドとはわずか1時間の距離にあります。羽田空港の国際化によって、以前より日本からのアクセスがしやすくなっていることに加えて、パッケージツアーもあるので、個人旅行は不安という方でも気軽に訪れることができます。

ブータンの代表的な都市Typical cities


ブータンの観光スポットTravel Guide List

観光

タシチョ・ゾン

ティンプー[ブータン]

ブータンの首都ティンプーにある城。市…

詳細を見る

観光

リンプン・ゾン

パロ[ブータン]

「リンプン・ゾン」つまり「宝石の山の…

詳細を見る

観光

タクツァン僧院

ティンプー[ブータン]

ブータン仏教の始祖ともいえるパドマ・…

詳細を見る

一覧はこちら

ブータンのホテルTravel Guide List

一覧はこちら

ハ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)