新規会員登録画面を閉じる

ブルキナファソの旅行情報・観光ガイドブルキナファソの旅行情報・観光ガイド

野生生物と西アフリカの歴史に出会う国、ブルキナファソ


ブルキナファソは西アフリカの内陸部にあり、ニジェールやマリ、ベナンなどと国境を接する国です。「高潔な人々の国」という国名にふさわしく、優しく勤勉な人々が旅行客を迎えてくれます。
西アフリカの歴史に触れたい方におすすめの場所は、南西部にある「ロロペニの遺跡群」です。こちらの遺跡はサハラ砂漠の黄金貿易が盛んだった時代を感じるラテライトでできた高さ6メートルの石垣を見ることができます。1000年以上の歴史があるといわれているこちらの遺跡は、2009年にその保存状態が評価されてユネスコの世界遺産に登録されています。またブルキナファソ第二の都市であるボボ・ディウラッソは経済や文化の要所のひとつで、1880年に建設されたグランモスクは独特の建築様式で観光客に人気です。ほかにもバニに点在するスーダン様式のモスクもそれぞれに特徴があり、旅行ガイドによると7日間かけて7つのモスクをまわると夢が実現するといわれています。
アフリカの自然に触れたい方におすすめの場所は南東部にある2つの国立公園です。「アルリ国立公園」はアルリ川とペンジャリ川が流れるサバンナと森林が広がる地域で、絶滅が危惧されるアフリカゾウやライオンをはじめとする大型哺乳類が生息しています。もうひとつがニジェールやベナンにまたがる「W国立公園」です。こちらは1954年に成立した公園で70種類以上の哺乳類をはじめとする多くの動植物が生息する地域として、1996年にユネスコの世界遺産に登録されています。

ブルキナファソ Information

Information

ブルキナファソ国旗

首都
ワガドゥグ
面積
274,200
通貨
CFAフラン(XOF)
言語
フランス語
人口
16,930,000
時差 
UTC +0(−9時間)

飛行機ならパリ経由でワガドゥグへブルキナファソへの行き方

西アフリカにあるブルキナファソはマリ、ニジェール、ベナン、トーゴ、ガーナ、コートジボワールと国境を接している内陸国です。首都であるワガドゥグへ飛行機でアクセスする場合には、日本からの直行便がないため他の国を経由することになります。一番よく利用されるのがフランスのパリを経由する方法で、パリから約5時間半で着きます。エールフランス航空を利用する場合は、ド・ゴール空港になりますが、ブルキナ航空を利用する場合はオルセー空港と、航空会社によって空港が異なりますので注意が必要です。また、パリからセネガル航空でダカールを経由することもできます。他にも東アフリカからならエチオピア航空でアディスアベバから、西アフリカからはセネガル航空でダカール・バマコから現地に入国することができます。いずれもワガドゥグにある国際空港に到着します。

ブルキナファソの代表的な都市Typical cities


タ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)