新規会員登録画面を閉じる

米領サモアの旅行情報・観光ガイド米領サモアの旅行情報・観光ガイド

美しい熱帯雨林とサンゴ礁の島々 米領サモア


タヒチやフィジーといった人気のリゾート地が多く点在する、南太平洋ポリネシアにあるサモア諸島。
19世紀、サモア諸島はアメリカとドイツの争いの末に東西に分断されてしまいました。米領サモアとは、アメリカの統治下におかれた東サモアのことを指します。
とはいっても、住民はほぼサモアの原住民で自治も彼らに委ねられています。つまりこの国には、アメリカでありながらサモアの文化が色濃く残されているのです。
米領サモアは5つの島々と2つのサンゴ礁から成っています。人口の多くは首都のあるトゥトゥイラ島に集中しているので、ホテルやゲストハウスもこの周辺で探すとスムーズかもしれません。旅行ガイドでお好みの宿泊施設を見つけてみましょう。
必ず訪れたいのはアメリカンサモア国立公園です。豊かな自然の保護と管理のため設立されたこの公園は3つの島々に分かれており、絶景の熱帯雨林をハイキングしたりシュノーケリングやスキューバダイビングで様々な種類の魚と泳いだりと、それぞれの島で美しい自然を楽しむことができます。
また、ゆっくりと島を探索し、現地の村を訪れて人々と交流するのもおすすめの楽しみ方です。
日々の喧騒を離れ、静かな場所でのんびりと過ごすにはうってつけの場所。観光地化しすぎていない島々はそのままこの国の魅力なのです。

米領サモア Information

Information

米領サモア国旗

首都
パゴパゴ
面積
199
通貨
アメリカ合衆国ドル(USD)
言語
英語、サモア語
人口
190,000
時差 
UTC -11(-20時間)

ホノルルやアピアを経由して、米領サモアに行こう米領サモアへの行き方

南太平洋ポリネシアに位置する米領サモアは、サモア諸島のうち東側にある島々で、西側のイギリス連邦加盟国であるサモア独立国と区別して、東サモアとも呼ばれます。日本からの直行便はないため、ハワイを経由して行くことになります。成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡空港から約7時間かけてハワイのホノルルに飛び、飛行機を乗り換えて6時間弱で、米領サモア最大の島であるトゥトゥイラ島に位置する首都パゴパゴの、パゴパゴ国際空港に到着するというのが一般的な行き方です。
また、西サモアの首都アピアを経由して行く方法もあります。この場合は成田空港から約11時間であるニュージーランドの都市オークランドのオークランド国際空港を経由して、約4時間かけてアピアのファレオロ国際空港に飛び、そこからパゴパゴまでの航空路を利用します。

米領サモアの代表的な都市Typical cities


米領サモアの都市一覧

検索

ハ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)