新規会員登録画面を閉じる

コモロ連合の旅行情報・観光ガイドコモロ連合の旅行情報・観光ガイド

シーラカンスがいる国 コモロ連合


コモロ連合は、アフリカのモザンビークから海を隔てて東にあり、コモロ諸島のグランドコモロ島、アンジュアン島、モヘリ島の3島で構成されている国家です。コモロ諸島の残り1つマヨット島(マオレ島)の領有権も主張していますが、現在はフランス領です。コモロ連合も1975年にフランスから独立しており、現在も政治的・経済的に安定しない状況が続いています。
公用語はアラビア語ですが、一般的にフランス語とコモロ語も使われています。通貨はユーロです。グランドコモロ島内の首都モロニに空港があり、マダガスカル・レユニオン・ナイロビへアクセスしています。
旅行ガイドにはあまり多くの情報がのっていませんが、絶滅に瀕している魚シーラカンスが近海に存在することで知られています。グランドコモロ島にあるコモロ国立博物館には、シーラカンスの剥製が展示されています。日本の鳥羽水族館はこの博物館の協力でシーラカンスを持ち帰り研究を行なっています。
静かでイスラム文化の影響が残る街並みを散策したり、青い海と白い砂浜のビートを楽しんだり、静かな時間が流れます。また、コモロはアロマオイルで有名なイランイランが自生していて、産業の1つとなっており、地元の市場で手に入れることができます。

コモロ連合 Information

Information

コモロ連合国旗

首都
モロニ
面積
2,170
通貨
コモロ・フラン (KMF)
言語
コモロ語、アラビア語、フランス語
人口
735,000
時差 
UTC +3(−6時間)

コモロ連合の代表的な都市Typical cities


コモロ連合の都市一覧

検索

マ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)