新規会員登録画面を閉じる

コートジボワールの旅行情報・観光ガイドコートジボワールの旅行情報・観光ガイド

象牙海岸という名の コートジボワール


コートジボワール(コートジボワール共和国)は、西アフリカに位置しており、面積は日本の面積から四国を除いたくらいの大きさです。国名はフランス語で「象牙海岸」を意味しています。名前の通り、象牙の積み出し港としての歴史を持っています。
気候は南部の沿岸地域は高温多湿の熱帯雨林地帯で平均気温は28℃前後と温かく、乾季と雨季にわかれます。北部はサバンナ地帯になるため全く異なります。ベストシーズンは8~9月の小乾季の時期で、気温も比較的低めで過ごしやすいです。
主要産業はコーヒー・ココア、チョコレートの原料になるカカオは生産が35%を占め世界最大の生産国です。コーヒー豆も気候の関係で、アラビカ種が栽培できないのでインスタントコーヒー用のロブスタ種が栽培され、全世界に輸出されています。
また、とても親日感情が高く、学校で教えられる世界の国のなかで日本は、アメリカ・フランスと並ぶ存在です。
食文化としては、国産米もありますが、プランテンバナナ・とうもろこしの粉をもちにして食べます。
大きな国ではありませんが、60もの部族が入り組んで暮らしているので、多様な文化とそれぞれの部族にある固有料理などを、旅行ガイドでチェックしておきましょう。

コートジボワール Information

Information

コートジボワール国旗

首都
ヤムスクロ
面積
322,460
通貨
CFAフラン(XOF)
言語
フランス語
人口
20,316,000
時差 
UTC +0(−9時間)

空路でコートジボワールへ行くならコートジボワールへの行き方

アフリカ大陸西部に位置するコートジボワールは、象牙の海岸という意味を持つ国で、日本との時差は9時間ほどになります。首都はヤムスクロですが、玄関口となるフェリックス・ウフェ・ボワニ国際空港はアビジャンにあるので、コートジボワールへ空から入国するにはまずアビジャンへ行くことになります。
フェリックス・ウフェ・ボワニ空港へはフランスをはじめ、周辺諸国など様々な国から飛行機が乗り入れています。代表的なルートとしては、日本からシャルル・ド・ゴール国際空港を経由して行くものがあり、所要時間は20時間ほどになります。また日本からドバイ国際空港での乗り継ぎであれば、24時間前後で行くことができます。このほかにも香港とアディスアベバを繋いで行くルートや、北京もしくはフランクフルトとブリュッセルを利用するルートなどがあります。

コートジボワールの代表的な都市Typical cities


コートジボワールの都市一覧

検索

カ行

タ行

ハ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)