新規会員登録画面を閉じる

エルサルバドルの旅行情報・観光ガイドエルサルバドルの旅行情報・観光ガイド

マヤ文明遺跡観光拠点の一つ、エルサルバドル


中央アメリカの国々の密林地帯には、古代マヤ文明の遺跡が数多く点在しています。エルサルバドルはそれらの国のうちの一つであり、火山灰に埋もれた形で発見されたことから「中米のポンペイ」と呼ばれる「ホヤ・デ・セレン遺跡」が存在します。規模は大きくないものの、古代マヤの農耕民の住居跡が非常に良い状態で保存されており、神殿や宮殿の遺跡とはまた違った、素朴な魅力があります。1993年に、ユネスコの世界遺産に登録されています。周辺の他のマヤ文明遺跡とともに巡るツアーが多数開催されているので、旅行ガイドなどで時期や費用を確認してみてください。
九州の半分ほどの面積の小さな国ですが、人口密度は中米で最も高くなっています。経済の中心である首都サンサルバドルは、国内人口の3分の1が集中し、現代的な高層ビルやモニュメントが建ち並ぶ、活気溢れる街です。エキゾチックな料理も魅力の一つで、トップクラスのレストランやバーが多数存在し、中米ならではの、素晴らしいナイトライフを楽しむことができます。ただ、治安の面では注意が必要です。1992年に内戦が終結し、平和への道を着実に歩んでおり、以前に比べて観光客が訪れやすくなっていますが、最新の治安情報を踏まえて計画を立てる必要があるでしょう。

エルサルバドル Information

Information

エルサルバドル国旗

首都
サン・サルバドル
面積
21,040
通貨
アメリカ合衆国ドル(USD)
言語
スペイン語
人口
6,340,000
時差 
UTC -6(−15時間)

アメリカなどを経由してサン・サルバドルへエルサルバドルへの行き方

中央アメリカの中部に位置するエルサルバドルの首都であるサン・サルバドルへは、飛行機でアクセスするのが便利ですが、日本からの直行便はありません。ただ、ハブ空港となっている国際空港があるため、乗り継ぎ便が充実していてユナイテッド航空、アメリカン航空、シンガポール航空、タカ航空などが乗り入れています。日本から行く場合にはロサンゼルスやヒューストンなどのアメリカ経由が一般的です。いずれも、サン・サルバドルにあるエルサルバドル国際空港に到着します。空港から街の中心部までは50kmほど離れていて、バスやタクシーで40分程度かかります。また、ホンジュラスやグアテマラといった周辺国から陸路でアクセスすることも可能で、例えばグアテマラからならシャトルバスで6時間程となっています。90日以内の観光ならビザが不要なので国境越えもスムーズです。

エルサルバドルの代表的な都市Typical cities


エルサルバドルの都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)