新規会員登録画面を閉じる

フォークランド(マルビナス)諸島の旅行情報・観光ガイドフォークランド(マルビナス)諸島の旅行情報・観光ガイド

南大西洋の秘境、フォークランド(マルビナス)諸島


フォークランド(マルビナス)諸島はアルゼンチンから500キロほど離れた南大西洋上にあります。東フォークランド島と西フォークランド、そして700以上の小さな島々から成り立っています。島のほとんどは冷たい強風が吹き付ける不毛の地ですが、イギリスからの移住者が漁業と羊毛産業を根付かせました。イギリスの実行支配が続き、国際的にもイギリス領とされてきましたが、1982年にアルゼンチンが軍事行動を起し、紛争が勃発しました。イギリスが勝利しましたが、アルゼンチンは依然として領有を主張しています。
人口は3,000人ほどで、その多くがイギリス系の白人です。通貨はポンドが使われています。首都スタンリーではフォークランド・ミュージアムや世界で最も南にある大聖堂クライスト・チャーチ・カテドラルなどが見どころです。
観光での一番のお勧めは野生動物ウォッチングです。ペンギンやアホウドリなどの鳥類や、アザラシなどのコロニーがあり、多くの観察ポイントがありますが、特にペンギンは世界有数の観察地となっています。
南極クルージングとセットになったチリ発のツアーが多くありますが、現地の旅行会社にはハイキングや釣り、射撃などのツアーもあります。数は少ないですが、日本発のツアーもあります。元々の情報量が少ないので外国の旅行ガイドを参考にしてもよいでしょう。

フォークランド(マルビナス)諸島 Information

Information

フォークランド(マルビナス)諸島国旗

首都
スタンリー
面積
12,173
通貨
フォークランド諸島ポンド、イギリス・ポンド
言語
英語
人口
3,140
時差 
UTC -3(−12時間)

フォークランド(マルビナス)諸島の代表的な都市Typical cities


フォークランド(マルビナス)諸島の都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)