新規会員登録画面を閉じる

フィンランドの旅行情報・観光ガイドフィンランドの旅行情報・観光ガイド

夏と冬違った表情を見せる国、フィンランド


フィンランドは、ノルウェーやスウェーデンなどがあるスカンジナビア半島にあります。
国土面積の約70%が森林で覆われているためとても自然豊かです。国土の1/3程が北極圏に含まれ、冬の寒さが厳しい北部より首都ヘルシンキがある南部に生活圏が集まっています。
ラップランド地方がある北極圏では、旅行ガイドにも載っているような見る人を引き付ける自然現象を目にすることができます。夏季には、24時間太陽が沈まず夜中の暗い時間でも明るさが残る白夜。冬季には、広大な夜空に幻想的な光を放つオーロラを見ることができます。
日本でも有名な可愛らしいキャラクターのムーミンはこの国でうまれました。ムーミン谷が再現されているムーミンワールドにはムーミンの住んでいた水色の屋敷もあります。ムーミン谷博物館には珍しい原画などが沢山展示されていて、どちらの施設もムーミンの世界を感じることができます。
日本では最近鹿肉を食べられるようになってきましたが、この国では赤身で低脂肪のトナカイの肉がシチューやステーキなど色々な調理法で普段からよく食べられています。
この国の森で取れたフレッシュなブルーベリーをたっぷりと使ったブルーベリーパイも人気です。
夏と冬違った表情を見せてくれ、日本では見ることのできない自然現象を体験できる素敵な国です。

フィンランド Information

Information

フィンランド国旗

首都
ヘルシンキ
面積
338,145
通貨
ユーロ(EUR)
言語
フィンランド語、スウェーデン語
人口
5,439,000
時差 
UTC +2(DST:+3)(−7時間 サマータイム時−6時間)

遠いようで近い国、フィンランドフィンランドへの行き方

フィンランドは私たち日本人にとって遠いようで実は近い国です。首都ヘルシンキにあるヘルシンキ・ヴァンター空港へは成田国際空港と関西国際空港、中部国際空港からフィンエアーが、成田国際空港からはJALが、毎日直行便を運航しています。ドイツやスウェーデン、デンマークやオランダなど、欧州各国から乗継便も出ているので、価格を比較したい場合や他の都市も観光したい場合など、多くの選択肢の中から選ぶことが可能です。直行便の場合、所要時間は10時間ほど。時間は、夏は6時間、冬は7時間日本のほうが進んでいるので、時差を差し引くと、例えば日本を昼に出ても到着は現地時刻で同日夕方の到着となります。復路の場合、夕方出国して到着は早朝になるので時差ボケの対策もしやすく、余裕をもった観光スケジュールを立てられるもの魅力のひとつです。

フィンランドの代表的な都市Typical cities


フィンランドの観光スポットTravel Guide List

観光

サンタクロース村

ロバニエミ[フィンランド]

サンタクロース村は、フィンランドのロ…

詳細を見る

観光

ウスペンスキー寺院

ヘルシンキ[フィンランド]

ヘルシンキに所在する正教会の大聖堂。…

詳細を見る

観光

ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ[フィンランド]

ヘルシンキ大聖堂はフィンランドの首都…

詳細を見る

一覧はこちら

フィンランドのショップTravel Guide List

ショッピング

マーケット広場

ヘルシンキ[フィンランド]

バルト海に面したエテラ港にある賑やか…

詳細を見る

一覧はこちら

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)