新規会員登録画面を閉じる

ガボンの旅行情報・観光ガイドガボンの旅行情報・観光ガイド

大型哺乳類の楽園、赤道直下の国、ガボン


ガボン共和国は赤道ギニア、カメルーン、コンゴ共和国と国境を接する中部アフリカの国。旧フランス植民地で公用語はフランス語です。国を赤道が横切っているため、南半球と北半球の境界を行き来することができます。国土の80%を占める森林はほぼ手つかずで、大型哺乳類が数多く生息しているため、エコツアーに最適な国です。産油国でもあるため、アフリカの中では比較的裕福な国です。道路や鉄道なども整備されています。
自然環境保全に力を入れている国で、13の国立公園があります。多様な自然環境が魅力で、河川、湿原、熱帯雨林、サバンナと変化に富んでいます。陸上ではバッファロー、ゴリラ、ゾウなどの大型哺乳類が見られ、海岸ではザトウクジラやウミガメなど希少な生物を間近で見られます。旅行ガイドなどでも野生動物の観察をおすすめするものが多いでしょう。日本人による、ゴリラやチンパンジーなどの大型類人猿の野外研究プロジェクトも進行中です。
国立公園をメインとしたツアーが組まれるなど、比較的観光に適した国ですが、外国からの不法入国者や物価の高騰を原因とする犯罪などが頻発している地域です。渡航にあたっては十分注意をしてください。また気象状況の変化などにより、感染症などの危険もあります。衛生管理などを徹底するよう十分注意してください。

ガボン Information

Information

ガボン国旗

首都
リーブルヴィル
面積
267,667
通貨
CFAフラン (XAF)
言語
フランス語
人口
1,700,000
時差 
UTC +1(ー8時間)

ガボンの代表的な都市Typical cities


ガボンの都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)