新規会員登録画面を閉じる

ガンビアの旅行情報・観光ガイドガンビアの旅行情報・観光ガイド

親切な人々が魅力のガンビア


西アフリカ西岸、ガンビア川の河口以外の全土をセネガルに囲まれた、アフリカ大陸でもっとも小さい国がガンビア共和国です。かつてフランス領だった国が多い西アフリカの中で、旧イギリス領だったためか周辺国と少し違った雰囲気を持っています。旅行ガイドなどが充実しているようなメジャーな国ではありませんが、現地の人々が親切で治安が比較的安定していることや、公用語が英語であることから、アフリカ初心者でも安心して旅行することができる国でしょう。
クンタ・キンテ島と関連遺跡群、セネガンビアの環状列石の2件がユネスコの世界遺産に登録されています。クンタ・キンテ島と関連遺跡群は奴隷貿易の中心地であった歴史を持つ遺跡なので、日本では負の世界遺産と位置づけられることもあります。しかし、ヨーロッパと西アフリカの交流や貿易の様子を今に伝える重要な遺跡で、観光客も多く訪れています。セネガンビアの環状列石はセネガルとガンビアの両国にまたがるセネガンビア地域にあり、両国の共有世界遺産です。巨石は墓標として立てられたもので、現在でも発掘調査や研究が行われています。
国土の大半がサバンナですが、海岸沿いにはビーチリゾートがあり、コテージなども充実していてヨーロッパでは観光地として知られている国でもあります。

ガンビア Information

Information

ガンビア国旗

首都
バンジュール
面積
11,300
通貨
ダラシ (GMD)
言語
英語
人口
2,000,000
時差 
UTC +0(−9時間)

ヨーロッパ経由でバンジュールへガンビアへの行き方

西アフリカにあるガンビアの首都バンジュールに飛行機で行くには、日本からの直行便がないので他国を乗り継いで行くことになります。バンジュールにある国際空港には、ヨーロッパ便やアフリカ便がありますが、日本から行く場合は、イギリスのロンドンや、オランダのアムステルダムを経由するのが一般的です。また、時間はかかりますが飛行機代を節約する目的で、アジア経由でヨーロッパに入り、ガンビアに行く選択肢もあります。国の周囲をセネガルに囲まれているため、陸路ではセネガルの首都ダカールからバスが出ていて、約7時間でガンビアとの国境に着きます。そこから、バンジュールへは船で約2時間掛かります。小さな国なので、日本からのツアーの場合は周辺国とセットになっている場合が多く、現地に着いてからは河沿いに船で移動するプランが多くあります。

ガンビアの代表的な都市Typical cities


ガンビアの都市一覧

検索

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)