新規会員登録画面を閉じる

ギニアビサウの旅行情報・観光ガイドギニアビサウの旅行情報・観光ガイド

島めぐりが魅力のギニアビサウ


ギニアビサウは、セネガル、ギニアと国境を接している小さな国です。特産品はカシューナッツ。そのまま食べるのはもちろん、果肉を使ったカシュージュースやカシューワインもあり、お土産にぴったりです。街の周辺を車で走っていると、カシューナッツの木々が道の両端を埋め尽くしています。
首都ビサウは、ポルトガル領時代の名残が残る街並みが魅力です。街を歩けば美しい教会や、街の中心にある国民英雄広場、旧大統領邸、モスクなどが見られます。
この国を訪れたら、ぜひ足を延ばしてブバック島を訪れてみてください。ブバック島へは、定期運行しているフェリーで行くことができます。美しい海が広がるビーチではトローリングや、マリン・スポーツを楽しむことができます。周辺のレストランでは新鮮な魚料理を味わうことができます。
また、この島にはビジャゴ人という海洋民族が暮らしていて、本土とは異なるライフスタイルを持っています。本土ではポルトガル語が主要言語ですが、この島ではビジャゴ語が使われています。素朴な暮らしぶりで、サメの頭を模した仮面などの工芸品も独特なものとなっています。旅行ガイドの案内があれば、植民地時代の建築を見たり、伝統舞踊を観覧したりすることができます。

ギニアビサウ Information

Information

ギニアビサウ国旗

首都
ビサウ
面積
36,120
通貨
CFAフラン (XOF)
言語
ポルトガル語
人口
1,704,000
時差 
UTC +0(−9時間)

ポルトガルの植民地だった国、ギニアビサウへ行くにはギニアビサウへの行き方

ギニアビサウは西アフリカの沿岸部に位置する国で、セネガルやギニアと国境を接しています。「ギニア」という名称がついていますが同じ国ではなく、フランス語を公用語とするギニアとは違い、ギニアビサウではポルトガル語が公用語となっています。
ギニアビサウの首都ビサウには、オスヴァルド・ヴィエイラ国際空港があり、この空港にはトーゴのアスカイ航空、モロッコのロイヤル・エア・モロッコ、セネガルのセネガル航空、ポルトガルのTAPポルトガル航空が乗り入れています。しかし日本からは直行便が運航していないので、航空機を使ってギニアビサウへ行くには、どこかの国を経由しなくてはなりません。例えばポルトガルを経由して行くなら、ルフトハンザ航空やアリタリア航空などを利用してリスボンへ行き、そこからビサウへと向かうことになります。

ギニアビサウの代表的な都市Typical cities


ギニアビサウの都市一覧

検索

ハ行

一覧トップ

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。

cocomachi(ココマチ)は、旅行好きな人が集まる 旅の情報交換サイトです。


ページのトップへ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

Facebookアカウントでログイン

Facebookでログイン

メールアカウントでログイン

cocomachiでは現在、新規ユーザー募集中!

新規会員登録(無料)