ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > ロンドンに行ったらアフタヌーンティーを楽しまないと始まらない!

CULTUREFOOD

ロンドンに行ったらアフタヌーンティーを楽しまないと始まらない!

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_346554632

イギリスといってまず思いつくものはこれ、といっても過言ではない、アフタヌーンティーという文化。ロンドンにはアフタヌーンティーを存分に楽しめる場所がいっぱいです。高級ホテルのような内装でドレスコードもあるようなお店から、バスの中がティールームになっていてロンドンの街を回りながらアフタヌーンティーが楽しめるBB Bakery Busのような変わり種のお店も。今回はそんなロンドンのアフタヌーンティーを心ゆくまで楽しめるお店を3ヶ所ご紹介します。


最高級のアフタヌーンティーを!ダイヤモンドジュビリーティーサロン

イギリス王室御用達の老舗デパート、フォートナム&メイソンの5階にある、ダイヤモンドジュビリーティーサロン。「ナイルの水」と呼ばれるやさしい水色で統一された極上の空間で、ピアノの生演奏を聞きながらサンドイッチやスコーンをいただきます。メニューやサービスも全てが5つ星ホテル級の品質で、最高級のアフターヌーンティーが楽しめるでしょう。時間と予算に余裕があるなら、じっくりと優雅なひとときを過ごしに出かけたい場所です。


まるでファッションショーを見ている気分!ザ・キャラメル・ルーム

高級ホテル、ザ・バークレーの中にあるザ・キャラメル・ルームは、いっぷう変わったアフタヌーンティーが楽しめることで知られています。ロンドン・コレクションというファッションショーで発表される「プレタ・ポルテ(高級既製服)」に由来するプレタ・ポルティーというメニューは、人気ブランドの服や小物などを表現したスイーツが味わえるというもの。美しくそしてかわいらしく、なおかつ美味で、最高のティータイムを演出してくれます。


芸術的なビスケットでティータイム!ビスケティアーズ

アフタヌーンティーの定番メニューであるサンドイッチやスコーンだけでなく、色とりどりにデコレーションされた「アイシングビスケット」を楽しめるのが、ビスケティアーズ。丁寧に、そして繊細に着色されたビスケットは、その1枚1枚がすでに芸術品の域です。食べるだけでなく、ただ見るだけでも嬉しくなってしまいますよ。ティータイムのお供として堪能したあとは、おみやげ用にもぜひどうぞ。選ぶだけでもワクワクしそうです。


イギリスが世界に誇る文化!アフタヌーンティー

19世紀半ばごろからイギリスの慣習になり始めたという、アフタヌーンティー。日本では本場イギリスのアフタヌーンティーは作法にうるさく、社交の場として堅苦しいものだと思われがちですが、実際にはそのような例はごく一部。上流階級から庶民階級まで、広く普及し楽しまれているのです。ロンドンのアフタヌーンティーを楽しめるお店は、気楽に立ち寄れるところからセレブ気分になれるところまでバラエティ豊か。ぜひそのときの気分でお好きなお店へどうぞ!


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_317831516 2つの民族に分断された島、キプロス
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_112604510 日本の偉大な世界遺産のひとつ、白神山地
    CULTURESPOT
  3. kamakura_img1 歴史と魅力あふれる古都 鎌倉
    CULTURETOWN
  4. shutterstock_333960704 ルーマニアの観光スポットで、中世の歴史に触れる
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_426516592 クオリティ高し!買ってうれしい、もらってうれしいフランス土産♪
    FOODSHOPPING
  6. 295_1_omisoka_img1 大晦日はイベントの日? 年越し行事
    CULTURETREND
  7. shutterstock_399460249 食欲の秋、到来。チェコの「わんこ」ビールを楽しもう
    CULTUREFOOD
  8. image 杜の都仙台の、歴史あふれる特産品
    FOODSHOPPING

新着記事