ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TREND > 徹底比較!旅客機メーカーとその主力飛行機

TIPSTREND

徹底比較!旅客機メーカーとその主力飛行機

TIPSTREND 投稿者: ココマチ編集部
aircraft_img1

航空機というと、多くの人は飛行機を想像するのではないでしょうか。実はその幅は広く、大気圏内を飛ぶための乗り物すべてを指す言葉で、大きく分けると、軽飛行船や気球といった軽航空機と、重航空機に分けられます。重航空機は大気よりも軽い気体の浮力ではなく、揚力によって浮き上がり、飛行する航空機のことです。種類としては、回転翼機や固定翼機があり、回転翼機にはヘリコプターやオートジャイロが含まれます。固定翼機には飛行機やグライダーなどがあります。
我々にとって身近な航空機は、飛行機といえるでしょう。1903年にライト兄弟が飛行機による有人動力飛行を成功させてから1世紀以上たった現在では、旅客機として世界中を結ぶ身近な交通手段になっています。航空機についてざっと触れてきました。なかでも身近で代表的な機体を3機挙げて、紹介していきます。


世界最大の航空宇宙機器開発製造会社、ボーイング社

ボーイング787はドリームライナーの愛称で呼ばれる中型の飛行機で、全日本空輸の発注により2004年4月から開発が始まり、2011年10月に初めての商業運航を行いました。大型旅客機なみに航続距離が長いうえに低燃費で、貨物搭載スペースも広い機体となっています。この787を開発・製造したのがボーイング社です。ボーイングはアメリカのシカゴに本社を置く会社で、旅客機を製造していますが、そのほかにも軍用機やミサイルといった軍需産業、宇宙船や宇宙機器などを研究開発したり、設計製造したりと、宇宙事業も手掛けています。 1916年創業のB&W社を前身としており、軍用機を始めとする航空機の製造や国際航空郵便の輸送を行っていましたが、1934年にエンジン製造部門と航空輸送部門が分離されています。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したことにより、アメリカ国内唯一の旅客機メーカーになりました。


欧州4ヶ国の国際協同会社、エアバス社

エアバス社はフランスのトゥールーズに本社を置く航空機メーカーで、1970年に創立されました。出資したのはフランスと当時の西ドイツで、のちにイギリスとスペインも加わっています。先行するアメリカの航空機メーカーであるボーイング社や現在はロッキード・マーティン社となっているロッキード社が1910年代に創業されたことに比べると、新しい会社であるといえます。そもそもエアバス社はこれらの会社に対抗して設立されました。 初めに開発した機体はA300で、300とは座席数のことです。その後A310やA320といった飛行機が作られていますが、座席数はどちらも300席以下になっています。その一方で2007年10月に運用が開始されたA380は完成当時世界最大の大きさを誇った旅客機で、総2階建てです。シンガポール航空やエミレーツ航空に導入されています。


国産ジェット旅客機、MRJ

MRJ(三菱リージョナルジェット)は、三菱航空機が中心となって製造・開発されている旅客機です。リージョナルジェットとは座席数が50~100席ほどの小型のジェット機のことで、騒音が大型や中型のものに比べて低く、必要な滑走路の長さも短くてすむ特徴があります。かつて製造されたYS-11以来の国産機となります。開発プロジェクトそのものは2003年から始まっており、2014年10月にロールアウトしました。 2008年に全日本空輸が発注しているほか、2014年には日本空輸など全世界で400機以上の受注を受けています。また市場としては、今後20年で5000機以上の新規需要が期待されています。1列4席のゆったりした座席幅や、ヘッドクリアランスやフットクリアランス、大型のオーバーヘッド・ビンを装備しているなど快適な空の旅行が楽しみな飛行機です。


これからを期待したい旅客機

ボーイング社のボーイング787、エアバス社のA380とともに、YS-11以来の国産旅客機となるMRJ(三菱リージョナルジェット)の3機の航空機について紹介しました。ボーイング787は既に日本の航空会社などによって導入されており、エアバスA380もエミレーツ航空を中心に世界中で就航しています。MRJは2014年にロールアウトされ、今後の就航が期待されています。 ボーイング社はマクドネル・ダグラス社を買収したことによって、いまやアメリカ唯一の大型旅客機メーカーとなり、エアバス社はアメリカの旅客機メーカーに対抗するために作られたヨーロッパの航空機メーカーです。2社とも世界有数の大企業です。世界の空で主にこの2社の飛行機が運航している中、日本中の期待を受けて発進するMRJがどこまで活躍できるのか、これからが注目されます。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. law_img1 スタイルの悪い人はビキニ禁止??ドイヒーな海外の法律
    CULTURETIPS
  2. trouble_img1 事前に知って防ごう!イタリア旅行中によくあるトラブル
    TIPSTOWN
  3. shutterstock_425040877 クメール王朝の息吹を感じるカンボジアを観光しよう
    SPOTTIPS
  4. ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力 ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力
    TIPSTOWN
  5. shutterstock_195320012 さまざまなブランド 進化し続けるイチゴたち
    FOODTIPS
  6. IMG_20161206170533_452526571_medium 関東の恐竜博物館へ行ってみよう
    SPOTTIPS
  7. countdown_img1 年越しは海外で!世界のカウントダウンイベント
    TIPSTREND
  8. shutterstock_312260018 ウエリントン山をはじめとする、タスマニアの観光スポット
    SPOTTIPS

新着記事