ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 周囲12kmにおよぶ広大な都「アンコールトム」

CULTURESPOT

周囲12kmにおよぶ広大な都「アンコールトム」

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_334141403

」とともにカンボジアの2大遺跡として知られる「」は、12世紀後半から13世紀にかけて、アンコール王朝が最も栄華を極めた時代に建設されました。アンコールはサンスクリット語で「都市」、トムはクメール語で「大きい」を意味し、その名の通り、一辺約3kmの正方形をした周囲12kmにおよぶ広大な都です。

クメール王朝中興の祖と言われるジャヤーヴァルマン7世が隣国ベトナムのチャンパ王国との争いに勝利したことを記念して建設に着手したもので、侵略を受けた経験から、幅130mの堀と高さ8mの城壁を設けるなど防御を考えた構造になっています。

南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門という5つの城門があり、それぞれの塔の東西南北の四面には観世音菩薩が彫られています。

堀の上の橋にはヒンドゥー教の天地創造神話「乳海攪拌」を模して蛇神ナーガが横たわり、それを引っ張るアスラと神々の像が観光客を迎えてくれます。


アンコールトムの見どころ

広大な敷地内には、見逃せないスポットが点在しています。

まず最初に訪れたいのは、クメール語で「美しい塔」を意味する『バイヨン』です。

ちょうど中央部分に位置するバイヨンは、神々が住む聖域メール山を象徴化した寺院で、神が降臨するこの場所が「宇宙の中心」であるというクメールの宇宙観を具現化したものです。大乗仏教に深く帰依していたジャヤーヴァルマン7世は、50ほどの塔の4面に高さ約2mもある巨大な人面像を施し、観世音菩薩の姿にしました。その温和な表情は『クメールの微笑み』と呼ばれ、訪れる人々を日々魅了しています。

第2回廊から上部テラスに出ると、そこかしこでこのクメールの微笑みに出会うことができます。至近距離での撮影も可能で、3つの顔を一緒に見ることができる上部テラスの柱の横は人気の撮影スポットとなっています。

バイヨンでもうひとつ見ておきたいのは、二層になっている回廊の外回廊の彫刻です。チャンパ軍との激戦の様子や市場や狩りの場面など庶民の生活や風俗が大絵巻になっています。生活感があるレリーフから当時の人々の暮らしぶりを知ることができます。

バイヨンでクメール人をちょっと身近に感じて、その微笑みに癒やされましょう。


パプーオン、象のテラス、ライ王のテラス、王宮跡、ピミアナカス

バイヨンの他にも見ておきたい遺跡をご紹介しましょう。

「パプーオン」はバイヨンの北側に位置する三層回廊の寺院で、シャムとの争いの際にこの寺院に王子をかくまったという隠し子伝説からついた名です。空中参道と呼ばれる170mの参道は地上と天界をつなぐ架け橋だと言われています。

王宮跡の前に広がるのは「象のテラス」で、その名の通り、象をモチーフにした彫刻が多数あり、王の接見所の基壇として使われていたと考えられています。

三島由紀夫が戯曲の題材にした「ライ王のテラス」は、ライ病を患っていたという右手の指がない王の像が出土したことからこう呼ばれています。ここにあるのはレプリカで、本物はプノンペン国立博物館の中庭に置かれています。

アンコールトムには「王宮」もありました。東西600m、南北300m、長方形の城壁に囲まれていましたが、1431年にアユタヤ軍が侵攻して破壊され、現在は建物の基盤と「ピミアナカス」と男池、女池が残るのみです。

「ピミアナカス」は、東西35m、南北28m、高さ12mの3層ピラミッド構造のヒンドゥー教寺院で、その上にはかつて塔が建っていました。

雨季は雨が溜まり、空中に浮いているように見えることから「空中楼閣」と名づけられ、建立当時は王族の儀式を行う神聖な場所でした。

世界文化遺産のクメール王朝の栄華の跡は感動の連続です。




この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 東京築地でランチをするならここ!おすすめグルメ3選 東京築地でランチをするならここ!おすすめグルメ3選
    FOODSPOT
  2. バレンシアの観光スポット スペインの東にある都市、バレンシアの観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_295081289 オーストリアの文化都市、グラーツを観光する
    SPOTTOWN
  4. 東西文化が交差するエキゾチックな国 トルコの魅力はやわかり 東西文化が交差するエキゾチックな国 トルコの魅力はやわかり
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_203337688 関東で見学・体験ができる日本の伝統工芸品
    CULTURESHOPPING
  6. naratemple_img1-01 時の栄華に思いを馳せて 古都奈良の寺々と仏像
    CULTURESPOT
  7. 306_1_powerspot_img1 台湾・台北で必ず行きたいパワースポット3選
    SPOT
  8. shutterstock_420078775 暑い夏を乗り切るための韓国の文化「以熱治熱」
    CULTUREFOOD

新着記事