ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 神々が宿る聖地「アンコールワット」

CULTURESPOT

神々が宿る聖地「アンコールワット」

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_167952836

カンボジア北西部、首都プノンペンの北西約300kmに位置するシェムリアップは、9世紀から630年間にわたってアンコール王朝の都として栄えたところです。王が変わるたびに新しく王宮や寺院を建築したため、周辺には大小700近くもの遺跡が点在しており、訪れる人々をはるか昔の神秘の世界へといざないます。

カンボジアの国旗にも描かれている「」は、その中でも一番有名な遺跡で、12世紀に30年以上もの歳月をかけて建てられたアンコール期最大の建築物です。アンコールはサンスクリット語で「王都」、ワットはクメール語で「寺院」を意味し、左右対称の大伽藍と神々の天上世界を表す美しい彫刻を持つことから、『クメール建築の傑作』と称えられています。

ヒンドゥ教の世界観を具現化したアンコールワットは、「十字回廊」「第一回廊」「第二回廊」「第三回廊」そして王のみ入ることが許された「中央祠堂」からなっています。中で も一番の見どころは「第一回廊」です。

東西200メートル、南北180メートルの回廊の壁一面に、神話や歴史を題材にしたレリーフが刻まれていて、壮大なクメール王朝の歴史絵巻を見ることができます。南面西は「歴史回廊」と呼ばれ、アンコールワットを建設したスーリヤヴァルマン2世の行軍の様子が描写されています。クメール人が担ぐ神輿の上に乗るスーリヤヴァルマン2世は誇らしげに彩色豊かに描かれています。

南面東には「天国と地獄」の描写があります。上段は極楽、中段は閻魔大王による最後の審判を待つ世界、下段は地獄で、天国に昇った人々や減刑を懇願する人々、地獄へ落ちていく人々の様子がリアルに描かれています。

東面南はヒンドゥー教の天地創造神話を描写した「乳海撹拌」です。ヒンドゥー教の神ヴィシュヌが不老不死の薬を得るために、アスラの神々の協力を得て大蛇ヴァースキの胴体を引き合って綱引きをしています。比較的保存状態がよく、中央にヴィシュヌ、その下に彼の化身の亀クールマ、右側に神々、左側にアスラが生き生きと描かれています。

乳海撹拌が1000年続いた結果、海がかき混ぜられて乳の海になり、その泡から水の生霊「アプサラス」が誕生したとされています。踊り子であるアプサラスの舞が、今に伝わるカンボジアの宮廷舞踊アプサラダンスのルーツになっています。

そしてもう1カ所見ておきたいのは、十字回廊の右側に残されている日本人が書いた墨書です。カンボジアは昔、祇園精舎の国(聖地)として考えられていたため、江戸時代初期に数名の日本人が参詣に訪れ、その記念に柱に自署をしたためました。肥前松浦藩士の森本右近太夫一房は父の菩提を弔い、母の後生を念じて4体の仏像を奉納したと12行にわたって記しています。現在は上から墨で塗りつぶされていて判読は難しいのですが、そんな昔にこの地を訪れた日本人がいたという事実には感慨深いものを感じます。

アンコールワットのもうひとつの魅力は、時間や角度によってさまざまな光景が楽しめることです。正面が西の方角に向いているので、写真を午前に写すと逆光になってしまうため、観光は写真がきれいに撮れる午後がお勧めです。

さんさんと輝く太陽の光を浴びて際立つ光景、薄暮にたたずむ光景などそれぞれに趣きあるシーンが見られますが、その中でも特に印象に残るのは早朝の光景です。ちょっと早起きして日の出前に訪れると、空がだんだん明るくなって、太陽とともに徐々にアンコールワットのシルエットが浮かび上がる様子が見られます。まさに太陽が神々の目覚めをドラマチックに演出する瞬間。神が宿る聖地「アンコールワット」の感動的な姿を心にとどめましょう。

この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_310899221 天国のモデルとなった奇跡の景観!?モーリシャス
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_57709351 オーストリア第三の都市リンツを観光する
    SPOTTOWN
  3. pixta_17200472_S 鹿島神宮 戦国武将に愛された武神の社
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_322562630 ケルトの自由な魂を感じられる街、ダブリンオススメスポット
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_487629088 世界遺産の街パリを彩る美しい歴史的建築物
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_438070552 日本国内の、一人旅にオススメ観光地
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_184237955 八幡宮の総本宮 宇佐神宮|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_390534181 (2) あなたはどこへ行きたい?国内のおすすめ水族館
    SPOTTIPS

新着記事