ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 神秘的で自然の魅力たっぷり、青森へ行きたい!

SPOTTOWN

神秘的で自然の魅力たっぷり、青森へ行きたい!

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
神秘的で自然の魅力たっぷり、青森へ行きたい!

本州北端に位置する青森県は、全国で8位の面積で国土の約2.5%を占めるほど広く、山も海もあり自然に恵まれているエリアです。世界遺産に登録された白神山地をはじめとして、十和田湖、岩木山、八甲田山、下北半島の仏ヶ浦などの自然の景勝を楽しめる有名な観光スポットがたくさんあります。東北新幹線で東京からも約3時間と意外にアクセスしやすいのもうれしいのです。今回はそんな青森で、自然の神秘と美しい風景に出会える観光スポットを3つ紹介します。


美しい青色の水に神秘を感じる、十二湖

「十二湖」は、世界遺産として登録されている青森県白神山地の麓にある池と湖の総称です。名前には「十二」とありますが、実際の池や湖の数は33個です。十二湖を代表するのが、「青池」です。池の色が、まるで青い絵の具を溶かしたような鮮やかな青で見る人を魅了します。また、その水は泳いでいる魚がはっきりと見えるくらいに澄み切っていることも感動的。お天気や見る角度によって見るたびに水の色が違うため、何度も訪れる人もいるそうです。


日本三大霊場のひとつ、恐山

「恐山」は青森県下北半島の中央部に位置する宇曽利湖を中心とした山々の総称です。「宇曽利(うそり)」がなまって「恐(おそれ)」とよばれるようになったと伝えられています。日本三大霊場のひとつで、火山岩に覆われた「地獄」の風景と、美しい宇曽利湖の「極楽浜」が死後の世界を思わせる神秘的な場所です。また、恐山菩提寺の境内にある本尊安置地蔵堂には死者の魂が集まるとされており、イタコが死者の言葉を伝える「口寄せ」が行われています。


桜で有名な弘前の名所、瑞楽園

ゴールデンウィークには弘前城の桜祭りで多くの人が訪れる青森県弘前市。弘前でぜひ訪れていただきたいのが「瑞楽園」です。こちらは、弘前地方に伝わる大石武学流庭園の造庭技法で作られた枯山水庭園です。武学流の造園では第一人者といわれた明治時代の庭師、高橋亭山が15年の歳月をかけて造り、さらに昭和時代に亭山の門人が増改築して完成させました。日本庭園が好きな人にはたまらないスポットで国指定の名勝となっています。


広い青森は見どころがいっぱい!

今回は「十二湖」、「恐山」、「瑞楽園」と「自然の神秘と美しい風景に出会える」青森の観光スポットをご紹介しました。広大な面積を持つ青森には、自然の景勝が味わえるスポット以外にも見どころがたくさん。青森市内の「三内丸山遺跡」や五所川原市内にある「太宰治の生家とミュージアム」など歴史や文学が好きな人にもたまらないスポットがあります。東北新幹線以外に、東京・大阪・札幌・名古屋からは飛行機でもアクセスできるので、ぜひ訪れてみてください


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_328747001 定番観光スポット満載の人気都市、サンタモニカ
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_167952836 神々が宿る聖地「アンコールワット」
    CULTURESPOT
  3. naratemple_img1-01 時の栄華に思いを馳せて 古都奈良の寺々と仏像
    CULTURESPOT
  4. 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう! 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう…
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_272419295 ハイテク産業の中心地、シリコンバレーの定番観光スポット
    SPOTTOWN
  6. image まさに秘境!チベットの定番観光スポット
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_149603114 野生動物と触れ合える貴重な世界のスポット
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_117085012 アートや歴史にどっぷり浸れるワシントンD.C.
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事