ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TOWN > 見所満載!アルゼンチンで訪れたい街

TIPSTOWN

見所満載!アルゼンチンで訪れたい街

TIPSTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_236511670

南アメリカ大陸において、ブラジルに次ぐ面積を誇る国アルゼンチン。世界第8位というその広大さゆえ、地区や街によって見どころや気候、文化も様々です。限られた日程でどこへ行き、何をするかを考えて旅の計画を立てましょう。おすすめしたい場所はたくさんありますが今回は代表的な観光スポットである3つの街、アルゼンチンの首都であるブエノスアイレス、世界遺産の建築群が美しいコルドバ、アルゼンチンワインの中心地であるメンドーサをご紹介します。


ヨーロッパの香りただよう美しい街 ブエノスアイレス

アルゼンチンの首都であるブエノスアイレスはヨーロッパ移民の影響を色濃く受けた建築物や街並みが美しく、しばしば「南米のパリ」と称されています。サッカーやタンゴなどの発祥の地でもあり、アルゼンチンならではの伝統的な文化に触れられるのも大きな魅力のひとつです。赤や青の鮮やかな家並みが可愛らしいボカ地区のカミニートや、ブエノスアイレスを象徴する場所である5月広場、美しい彫刻が施された墓碑やエビータの墓があるレコレータ墓地は特に人気のスポットです。


趣ある世界遺産は必見 コルドバ

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから西北西へ約700kmの場所にコルドバはあります。この街は南米に布教活動をするために入植したイエズス会が16世紀末に拠点を置いた地であり、それらの建築群は「コルドバのイエズス会伝道所とエスタシア群」という名で2000年に世界遺産に登録されています。南米最古の大学であるコルドバ大学をはじめとする石造りの建築物は雰囲気たっぷり。国内第二の都市ではありますがそこまで大きな街ではないので、のんびりと散策を楽しめます。


アルゼンチンワインを堪能しよう メンドーサ

時は16世紀、イエズス会宣教師がぶどう栽培の技術をもたらしたことにより、アルゼンチンではワインの生産が盛んに行われるようになりました。現在アルゼンチンは世界第5位の生産量を誇るワイン大国となっています。そして、国内生産量の約7割を占めているのがアンデスの高原地帯にあるメンドーサです。街の中にはワイナリーが点在しており、それらを巡るツアーは大変人気があります。快適な気候と美しい自然のもとで味わうアルゼンチンワインは格別ですよ。


個性的な街がたくさん!アルゼンチンの旅

アルゼンチンには他にも魅力ある街がたくさんあります。アルゼンチン北部の街サルタは雲の列車と呼ばれる高原列車や壮麗な教会群が特におすすめ。東部にはロサリオやサンタフェなどヨーロッパを彷彿とさせる美しい街が点在する他、抜群の知名度を誇る景勝地であるイグアスの滝があります。南米のスイスとも呼ばれるアルゼンチン南部の街バリローチェでは、火山や湖などの雄大な自然を満喫できます。ぜひ足を運んで、あなたのお気に入りの街を見つけてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_131468039 旅行先の景色を堪能できる少し変わった展望台
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_309294353 バラエティーに富む自然環境が魅力・ラオスの自然観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_400534681 始まりは遊びの一種だったマンチェスターのサッカー
    CULTURETIPS
  4. image 瀬戸内国際芸術祭も開催 小さな島犬島の魅力
    SPOTTIPS
  5. 291_1_image 本場ドイツの盛大なクリスマスについて
    CULTURETOWN
  6. kyototemple_img1-01 歴史的な風情に桜や紅葉が美しく映える京都のお寺3選
    CULTURESPOTTOWN
  7. shutterstock_168922022 ワイン発祥の地、ジョージアのワイン産地3選
    FOODTOWN
  8. アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事