ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > オーストリア観光で訪れたい3つの都市

SPOTTOWN

オーストリア観光で訪れたい3つの都市

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_283069622

ヨーロッパのほぼ中央に位置している、中世の街並みが多く残るオーストリア。ドイツの貴族ハプスブルク家ゆかりの宮殿をはじめとする世界遺産を巡ったり、ハイキングやトレッキングなどのアクティビティでアルプス山脈の豊富な自然を満喫したり、モーツァルトゆかりの地で音楽や芸術に触れたりと様々な楽しみ方ができる魅力あふれる国です。今回はオーストリアの中から、首都ウィーン、グラーツ、ザルツブルクの3つの都市を厳選してご紹介します!


首都ウィーンで豪華絢爛な「リング通り」を巡る

オーストリアの首都ウィーンは、1278年にスイスの貴族であるハプスブルク家が居城を置いたことから発展した街です。中でも人気があるのはウィーンの旧市街をぐるりと取り巻く「リング通り」で、世界で最も美しい大通りともいわれています。世界文化遺産に登録されている旧市街をぐるりと囲む約5キロの環状道路沿いには、ウィーンのシンボルであるシュテファン大聖堂をはじめ、数多くの宮殿などの豪華絢爛な建造物や記念碑、劇場などが立ち並ぶ観光スポットです。


時計塔とグルメの街、グラーツ

ウィーンに次ぐ第2の都市グラーツは、旧市街の城山に建つ古い時計塔が印象的な街です。「時計塔の街」や「セピア色の街」の異名を持ち、中世の趣が残る旧市街は世界遺産に登録されています。人気の観光スポットであるエッゲンベルク城には、大阪城と城下町が描かれた「大阪屏風全図」が所蔵されていることから、大阪城と友好城郭提携が結ばれています。畑や果樹園が多くグルメの街としても知られ、美味しい料理と地元のワインを楽しむこともできますよ。


音楽好きならザルツブルクへ行こう

モーツァルトが生まれ育った街や、映画サウンド・オブ・ミュージックの舞台として、クラシックファンの間で有名なザルツブルク。現在は博物館になっているモーツァルトの生家や、サウンド・オブ・ミュージックで「ドレミの歌」が歌われたミラベル宮殿などの観光スポットだけでなく、1920年から始まった「ザルツブルク音楽祭」という、毎年7~8月の6週間にわたって開催される人気の音楽イベントもあるので、音楽好きなら一度は訪れたい街ですね。


じっくりと楽しみたい国、オーストリア

9つの州からなるオーストリアの中でも、今回ご紹介した首都ウィーン、日本に縁のあるグラーツ、音楽の街ザルツブルクの3都市は、今でも中世の雰囲気が色濃く残る街並みの中で、世界遺産を巡って歴史や芸術を楽しむことができます。他にもオーストリアの大自然を満喫できるハイキングやトレッキングなどのアクティビティ、ショッピングモールやグルメスポットなども充実しているので、数日かけてじっくりと観光を楽しみたくなる国ですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. image 世界の星空スポットに星を見に行こう
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_137275241 世界新三大夜景
    SPOTTOWNTREND
  3. 世界遺産 エストニア・タリンの旧市街 世界遺産 エストニア・タリン歴史地区
    SPOTTOWN
  4. 周荘古鎮 江南第一の水郷 「周荘古鎮」のおすすめ観光スポット
    SPOTTOWN
  5. 福島県のおすすめスポットとは 福島県のおすすめスポットとは
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_147109613 歴史的建造物が残る世界遺産の街リヨン
    CULTURETOWN
  7. shutterstock_348402776 中世の香り漂う 世界遺産プラハの旧市街
    SPOTTOWN
  8. spot_img1 まるでおとぎの国!中世の香り漂うバルト三国
    CULTURETOWN

新着記事