ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 台湾で日本人が開発した北投温泉で温泉三昧。MRTで日帰り可能!

SPOTTIPS

台湾で日本人が開発した北投温泉で温泉三昧。MRTで日帰り可能!

SPOTTIPS 投稿者: 吉川由美
MRTで日帰り可能!日本人が開発した北投温泉で温泉三昧

台湾を代表する温泉地のひとつ「」。白硫黄泉、青硫黄泉、鉄硫黄泉の3種類の泉質のお湯が楽しめる豊かな温泉地で、台北市中心部からMRTで約30分とアクセスも抜群。台湾に行ったら温泉に入ってみたいという旅行者にはうってつけの温泉です。1894年にドイツ人によって発見され、日本統治時代の1896年に大阪の商人が最初の温泉旅館「天狗庵」を開業。 日露戦争の際に日本軍傷病兵の療養所となり、それ以降、台湾有数の湯治場として広く知られるようになりました。新北投駅前から源泉の地熱谷にかけて風情漂う温泉街が広がり、中には日本の銭湯を彷彿させる100年以上の歴史を持つ老舗浴場もあります。それではタオルを持って、北投温泉の湯めぐりに出かけてみましょう。


日本統治時代の公衆浴場跡「北投温泉博物館」

北投温泉のアクセスはとても簡単。淡水信義線の北投駅で新北投支線に乗り換えて1駅、新北投駅が最寄りです。改札口を出ると前方に見える北投親水公園の左右の道沿いに温泉旅館がひしめいています。この1区間は温泉列車が不定期で運行中で、五右衛門風呂をイメージしたモニター付きの座席に座れるかも。緑多い公園の中には2012年に「世界で最も美しい公立図書館ベスト25」のひとつに選ばれた「台北市立図書館北投分館」があり、その奥には日本統治時代に公衆浴場として建てられた和洋折衷の建物があり「北投温泉博物館」となって公開されています。1階は英国様式のレンガ造り、2階は和風の木造様式で、ローマ式浴場と呼ばれたモダンな浴槽や48畳の大広間などが見学できます。展示されている北投石は日本の地質学者岡本要八郎が発見したもので、ここと秋田県の玉川温泉でしか産出されない貴重なもの。微量のラジウムを含んだ湯の花が何千年もの歳月をかけて石灰化したものです。


ローカル感たっぷりの公衆浴場「親水公園露天温泉浴池」

昔の公衆浴場を見学した後は現在の公衆浴場に浸かってみてはいかがでしょうか。北投温泉博物館の近くにある「親水公園露天温泉浴池」の千禧湯は水着、帽子着用の男女混浴の露天風呂。温度別に浴槽が4つあり、源泉が直接流れ込む上が一番熱く下にいくほどぬるくなり、水風呂も2つあります。湯は無色透明の青硫黄泉(酸性硫酸塩泉)で、動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮膚病などに功があると言われています。入湯料は破格の40元で、激安なので常に混んでいます。脱衣場は狭く荷物置き場がないという難があるものの、日本円にしてわずか150円ほどで異国の公衆浴場が体験ができます。5:30~7:30、8:00~10:00、10:30~13:00、13:30~16:00、16:30~19:00、19:30~22:00の1日6回、時間帯による総入れ替え制なので入場時間にご注意ください。


さまざまな趣向を凝らす温泉旅館

せっかくなら日帰りではなく宿泊をとお考えの方も多いはず。2010年に日本が誇る名旅館、石川県和倉温泉の「加賀屋」が台湾に進出し、日本式のサービスを踏襲する「日勝生加賀屋」をオープンさせました。館内は和の趣で、着物を着た客室係が本格的な会席料理を運ぶ日本スタイルは台湾人にも好評で、異国で純和風滞在ができます。温泉街の中心に位置する「水都温泉会館」は開放的な屋上の露天風呂とクアハウス設備が人気のリーズナブルな温泉旅館。少し硫黄臭がある白湯と美肌効果がある青湯の2種類の露天風呂と打たせ湯、超音波マッサージ風呂などがあり、陽明山を眺めながらゆっくり湯に浸れます。どちらも日帰り入浴も可能です。


北投で気軽に温泉体験

北投最古の銭湯「瀧乃湯」は日本統治時代に建てられた瓦葺きの純日本風建築の建物で、番台や裸電球に照らされる浴室がノスタルジーを感じさせてくれます。お湯はかなり熱めの44度で、入浴している人のすぐ横で服を脱ぐという脱衣所、風呂、洗い場一体のレトロ浴場です。新北投駅前からバスで約5分の場所にある「少帥禅園」は、高台にある憩いの湯。日本統治時代に旅館として誕生し、第二次世界大戦末期には神風特攻隊の接待所として使用され、1960年代には張学良夫妻の軟禁場所になりました。現在はレストランを併設する温泉施設となっており、リーズナブルに足湯も楽しめます。青硫黄泉の源泉「地熱谷」も訪れたいスポット。ひすい色をした池の中からもくもくと湯気が立ち上り、硫黄の匂いと湧き上がる熱気のすごさに源泉の底力を感じます。温泉は万国共通の癒しの場。台湾でぜひいい温泉体験をしてくださいね。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. フランスの中のドイツ 世界遺産ストラスブールの旧市街 フランスの中のドイツ 世界遺産ストラスブールの旧市街
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_262997327 ガイドブックにはあまり載っていない一味違った中国
    SPOTTOWN
  3. IMG_20161123134427_219272452_medium テレビでは味わえない臨場感!海外でのスポーツ観戦のススメ
    TIPSTREND
  4. shutterstock_380574628 童話で動物たちが目指した憧れの街!ブレーメン
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_181802189 とんでもないワクワク体験!無人島でキャンプをしよう
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_391591339 ウィーンで人気のスポットを巡り、中世の歴史に触れよう
    CULTURESPOT
  7. 可能性を広げろう!ステップアップに人気の海外留学先3選 可能性を広げろう!ステップアップに人気の海外留学先3選
    TIPSTREND
  8. 欠かせない北海道グルメ、北海道三大ラーメンを味わおう! 欠かせない北海道グルメ、北海道三大ラーメンを味わおう!
    FOODTIPS
ココマチギフト

新着記事