ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TOWN > フランス人の住みたい街 ワインの都フランスボルドーの魅力

TIPSTOWN

フランス人の住みたい街 ワインの都フランスボルドーの魅力

TIPSTOWN 投稿者: 吉川由美
フランス人の住みたい街 ワインの都フランスボルドーの魅力

フランスの南西部に位置するヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の首府、ボルドー。ガロンヌ川河口近く、川の湾曲部にそって三日月形に市街地が形成されているため、「月の港ボルドー」として2007年に世界文化遺産に登録されたフランス第5の都市です。
ボルドーと聞いたら、すぐ思い浮かぶのはボルドーワイン。ワイン産地として最も有名ですが、ボルドーの魅力はワインだけではありません。
2016年にニューヨークタイムズが選んだ「世界で行くべき観光地」で2位になり、フランス人が住みたい都市でも常に上位にランクインするなど、国内外で人気が高まっています。その人気の秘密を探ってみましょう。


ガロンヌ川最古の橋「ピエール橋」

ボルドーはパリから飛行機で1時間、TGV(高速鉄道)で約3時間で、2017年7月完成予定の高速鉄道路線(LGV)の南ヨーロッパ大西洋線が運行すると約2時間に短縮されます。
その停車駅、ボルドー=サン=ジャン駅の近くを流れるガロンヌ川には7本の橋が架かっており、その中で最も古いのが「ピエール橋」です。
皇帝ナポレオンの命で建設され、彼の名前「Napoléon Bonaparte」の字数に合わせて17個のアーチが造られ、側面にはレンガの橋脚ごとに皇帝を記念した白い楕円飾りと三日月を組み合わせた市の紋章を見つけることができます。
1965年にサン・ジャン橋ができるまでボルドー右岸に渡れた唯一の橋で、2004年からトラムA線がこの橋の上を走っています。橋から見る川の風景も、左右の岸から眺めた風景も絵になり、夜ライトアップされた姿はとても幻想的です。


新古典主義建築の都市計画

ボルドーが最も繁栄したのは17世紀半ばからフランス革命期までで、西インド諸島の植民地から買い入れた砂糖やコーヒーなどをドイツやオランダの諸都市に売る中継貿易によって大いに潤い、それによって大規模な都市計画が実施されました。
その時に誕生したのが、コリント式の12本の柱が並ぶ「大劇場」で、エントランスホールの大階段はパリ・オペラ座のモデルとなったと言われています。
ヴィクトワール広場にある「アキテーヌ門」は城門から壮麗な凱旋門に改造され、壮麗なブルス宮殿を擁するブルス広場やヨーロッパ最大の広さを誇るカンコンス広場など、世界遺産登録の決め手となった新古典主義建築の都市計画を顕著に表す歴史的建造物が現在も良好な状態で保存されています。


ワインの総合施設「シテ・デュ・ヴァン」

ボルドーを訪れたら、やはりワインに関するスポットは必見です。
2016年6月にガロンヌ河岸にオープンした「シテ・デュ・ヴァン」は、ワインをテーマに人々が交流し、さまざまな感覚を刺激してワインを愉しむことを目的に建てられた施設で、グラスの中で回転するワインやブドウの樹のうねりを表した奇抜なデザインが目を引きます。
3つの巨大スクリーンで見るブドウ畑世界一周の旅や畑上空の疑似飛行体験、タッチパネル式タブレットでぶどう農家の人々の仕事を学ぶコーナー、テイスティング・スペースで音や光、匂いなど複合的に試飲を楽しむワークショップなど、20もの視点からワインの世界を楽しむことができます。
世界各国の有名ワイナリーの展示コーナーもあります。


現代の都市計画のひとつ「水鏡(ミロワール・ドー)」

ボルドーの象徴となっているブルス広場に、2006年、広さ3,450平方メートルの水鏡という斬新なスポットが誕生しました。
築300年の重厚な建築物を前に、それらを鏡のように映す水面と霧に包まれる空間が交互に出現し、花崗岩の巨大な敷石の上の深さ2cmの水が魔法のような演出をします。
凍結する冬期以外の時期は午前10時から午後10時の間水が張られ、夏は15分おきに水が噴水のように放水され、大人も子供も楽しめるスポットとして人気を集めています。
これはあらゆる世代が楽しめるように市が行った都市計画で、気候が温暖で海にも山にも近いことから食の魅力もあり、教育、子育て環境も充実しているという点が多くのフランス人を惹きつけています。
住みやすい街は観光客にとっても快適な街といえるでしょう。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_270408275 グルメが楽しめる通りがいっぱい、大邱
    SPOTTOWN
  2. cotswolds_img1-01 イングランドにある観光客に人気のコッツウォルズ地方
    TOWN
  3. shutterstock_530565643 首都圏のショッピングモールは楽しい
    SHOPPINGTIPS
  4. shutterstock_311834738 バックパッカーにおすすめ!海外の登山スポット3選
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_339193550 グルメの街久留米で 食を楽しもう
    FOODTOWN
  6. 日本三景の1つ、松島を満喫しよう! 日本三景の1つ、松島を満喫しよう!日本三景の1つ、松島を満喫しよ…
    SPOTTOWN
  7. castlehotel_img1 中世にタイムスリップ!メルヘンチックなドイツの古城ホテル
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_195320012 さまざまなブランド 進化し続けるイチゴたち
    FOODTIPS
ココマチギフト

新着記事