ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 童話で動物たちが目指した憧れの街!ブレーメン

SPOTTOWN

童話で動物たちが目指した憧れの街!ブレーメン

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_380574628

童話「ブレーメンの音楽隊」でロバ、犬、猫、ニワトリが目指した街、ブレーメン。居場所を失った4匹の動物たちが、音楽隊になる夢を抱いたこの街には、確かに憧れの対象となりうる魅力がいっぱいです。あちらこちらに動物たちの像があるかわいらしい一面と、世界遺産にもなるほどの重厚感あふれる歴史的建造物が建ち並ぶ様子のギャップは、実際に街を歩いてみないとわかりません。ここではそんなブレーメンの観光スポットを3ヶ所に絞ってご紹介します。


歴史ある市庁舎と、ブレーメンの守り神ローランド像

ブレーメンの中心地、マルクト広場に面する旧市庁舎は15世紀の創建で、何度も改築や増築を繰り返されてきた歴史ある建物です。また、広場中央に立つローランド像は、中世文学『ローランの歌』の英雄をモチーフとしていて、頭上にある天蓋も合わせると高さが10メートルもあるという巨大な像です。市庁舎、ローランド像ともに、第二次世界大戦では市民たちが自ら囲いやシェルターを造って戦火から避難させたというほど愛されており、現在も大切にされているのだとか。


童話、ブレーメンの音楽隊の動物たちに会いに行こう

市庁舎のすぐそばには、童話ブレーメンの音楽隊の銅像があります。ロバの足に触れると幸せが訪れるというおまじないがあるため、たくさんの人にさわられて光り輝いているのだそうですよ。ところでこのブレーメンの音楽隊、実は童話をよく読むと動物たちはブレーメンを目指しつつもたどり着いてはいないのですよね。それでもこの場所に銅像が置かれているということで、この童話がいかにブレーメン市民に愛されているかということがわかります。


中世へタイムスリップ!ベトヒャー通り

マルクト広場からウェーザー川に向かってのびるベトヒャー通りは、たった100メートルのストリートであるにもかかわらず、ブレーメンきっての目抜き通りとなっています。20世紀初頭にコーヒー豆で財を成した商人が私財を投じて作ったという道で、美術館や映画館、レストランなどがぎっしりと建ち並び、中世の街並みが再現されています。知らなければ気付かずに通り過ぎてしまうほどの短さですが、ぜひ立ち寄ってみたいところ。特に観光客から大人気の仕掛け時計は必見です。


市民たちに愛される素敵な街、ブレーメン

ブレーメンの観光スポットを3ヶ所、ご紹介しました。童話の街であるこのブレーメンも、第二次世界大戦のときには市街地の6割以上が被害を受け、多数の人が避難民となっています。その中で市庁舎や街の守り神とたたえられる像を守り抜いたり、戦後は建物の数々を昔のままの姿で復興させたりと、市民たちの街に対する愛もまた感じられる素敵な街です。童話の動物たちが目指した理由も、なんとなくおわかりになったかもしれませんね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_398067142 今も愛され続ける東京の商店街3選
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_309294353 バラエティーに富む自然環境が魅力・ラオスの自然観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_173849735 タージマハルを始めとする人気観光地・アグラのおすすめ観光スポット…
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_107274743 ラベンダーの香りが漂うフヴァル島
    SPOTTOWN
  5. イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた? イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた?
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_236511670 見所満載!アルゼンチンで訪れたい街
    TIPSTOWN
  7. fall1 日光の奥座敷、奥日光の滝の名所 三大名瀑
    SPOT
  8. 日本人には未知の島 スコットランドの秘境「スカイ島」 日本人には未知の島 スコットランドの秘境「スカイ島」
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事