ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > アンコールワットのある国、カンボジアを観光しよう

CULTURESPOT

アンコールワットのある国、カンボジアを観光しよう

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
アンコールワットのある国、カンボジアを観光しよう

カンボジアの観光というと、まだまだあまりイメージが湧かないかもしれませんが、アンコールワットがある国というとピンと来る人も多いのではないでしょうか。あの超有名観光スポットは、実はカンボジアにあるのです。物価が安く、意外にも治安が良い上に日本からアクセスも良くて時差が少ない国カンボジアは、一人旅初心者にもオススメという場所。そんなカンボジアの観光スポットをアンコールワット、タ プローム、バイヨンの3ヶ所に絞ってご紹介します。


カンボジアを代表する観光スポット、

カンボジアでもっとも有名かつ人気のある観光スポットといえば、誰もがアンコールワットを挙げるのではないでしょうか。アンコールワットは、クメール王朝時代の遺跡群であるアンコール遺跡の中でも1番の目玉となっている建物です。堂々とした外観、美しい彫刻を有するヒンドゥー教寺院で、クメール建築の最高傑作といわれています。カンボジア国旗に描かれている建物も、実はこのアンコールワット。国民全体がこの寺院を大切にしていることが感じられますね。


ガジュマルと一体化する神秘的な寺院、タ プローム

カンボジアが誇る世界遺産アンコール遺跡には、数多くの魅力的な構成遺産があります。そのひとつであるタ プロームは三重の回廊を持つ寺院で、もとは仏教の寺院として建てられましたが、のちにヒンドゥー教寺院として改修されました。この寺院の最大の特徴は巨大なガジュマルの木に侵食されている様相で、それはまるでアニメ映画「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせるよう。ガジュマルが建物を崩壊させているのか支えているのかは、もはやわからないのだそうですよ。


「クメールの微笑み」が並ぶ、バイヨン

バイヨンはアンコールワットやタ プローム同様、カンボジアのアンコール遺跡にある建造物のひとつです。バイヨンのもっとも大きな特徴は、巨大な顔が四面に彫られている柱がそこかしこに林立していること。柱というよりはもう塔という風情で、それが54本も並ぶ様は壮観です。この顔は観世音菩薩だとする説、ヒンドゥー教の神々だとする説などさまざまあり、これらがたたえる「クメールの微笑み」には心の底まで見透かされるような魅力があります。


ヒンドゥー教と仏教が見事に融合する国カンボジアを訪れよう

カンボジアの観光スポットについて、アンコールワット、タ プローム、バイヨンの3ヶ所をご紹介しました。内戦の傷跡も深く、まだまだ旅初心者には厳しいのでは…というイメージを持たれがちのカンボジアですが、決してそんなことはありません。ヒンドゥー教と仏教が見事に融合し、その文化が建造物に反映されているという点から見ごたえある場所はまだまだたくさんあります。特にアンコール遺跡は他にも見どころいっぱい。ぜひ心行くまで楽しんでみてください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_288869696 イギリスの港町サウサンプトンの観光スポットは?
    SPOTTOWN
  2. 265_1_shutterstock_205324165 泊まってみたい!“進化系宿泊施設”
    SPOTTREND
  3. shutterstock_476851549 ミュンヘンが誇る至宝 バイエルン王家の居城「ミュンヘン・レジデン…
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_380574628 童話で動物たちが目指した憧れの街!ブレーメン
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_292758632 バンコクは夜も熱い!絶対行きたい魅惑のナイトマーケット
    SHOPPINGSPOT
  6. 世界遺産 エストニア・タリンの旧市街 世界遺産 エストニア・タリン歴史地区
    SPOTTOWN
  7. 240_1_tohokuonsen_img1 個性豊かな趣が満載 東北地方の温泉
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_240149893 鎌倉に鎮座する源氏ゆかりの鶴岡八幡宮
    CULTURESPOT

新着記事