ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 海外でクリスマスに食べる料理3選

CULTUREFOOD

海外でクリスマスに食べる料理3選

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
288_1_christmasfoods_img1

イエス・キリストの降誕を記念する祭日、クリスマス。日本では、ツリーを飾り、ケーキやチキンを食べながら恋人と過ごすロマンチックな日というイメージがありますね。しかし海外ではクリスマスの過ごし方が日本と大きく異なります。お祝いをする期間が日本よりずっと長かったり、特にイギリスやアメリカでは、恋人と過ごすというより、家族と一緒に過ごす喜びを確認する意味合いが強かったりするようです。
家族揃ってお祝いの食卓を囲む時に欠かせないのが料理。クリスマスの料理は、用いる食材からそれにまつわる風習・おまじないに至るまで、国によって様々です。今回はその中から、、ギリシャといった三つの国に注目し、それぞれの国で昔から食べられている料理についてご紹介します。クリスマスに欠かすことのできない、バリエーションに富んだ海外の食べ物を見てみましょう。


ハンガリーの冬を越すための伝統的なお菓子 ベイグリ

ワインで有名な中央ヨーロッパの国、ハンガリー。クリスマスのお菓子といえば、イギリスのクリスマスプディングやフランスのブッシュノエル、ドイツのシュトーレンなどが有名ですが、ハンガリーにも、クリスマスや復活祭に欠かせないベイグリというお菓子があります。 うずまき模様が可愛らしく、一見すると普通のロールケーキのようですが、中にクリームなどが入っているわけではありません。小麦粉で作った生地を平たく伸ばした上に、芥子の実やクルミ、ドライフルーツを混ぜ込んだ餡のようなケーキを乗せてクルクルと巻き、楊枝で空気穴を空けてからオーブンでこんがりと焼きます。外側はパリパリ、中はしっとりとしていて優しい甘さ。ナッツの風味がたっぷりです。長期保存がきくので、ハンガリーの厳しい冬を越すための大切な食料として伝統的に作られてきました。


北欧で生まれた珍味 スウェーデンのルートフィスク

北欧で最大の面積を持つ国スウェーデン。国土の北部はラップランドと呼ばれる北極圏に位置し、冬は日照時間が短く、厳しい寒さが長く続きます。そんな中で、クリスマスは街中の木々がイルミネーションで彩られ、露店がたくさん建ち並び、人々の心を明るくしてくれます。スウェーデンのクリスマスは日本のお正月と似ていて、家族が全員揃い、一緒にのんびりと過ごす大切な日なのです。 食卓にはたくさんの種類のご馳走が並び、その中の一つにルートフィスクと呼ばれる魚料理があります。北欧で昔から作られている伝統料理で、水で戻した干し鱈を炭酸カリウム水に漬けて発酵させ、塩やバターで味を付けたり、ホワイトクリーム仕立てにして食べます。ゼリーのようなプルプルした食感と独特の風味が特徴で、鱈の代わりにサーモンを使うこともあります。ジャガイモや豆などと一緒に食べることが多いようです。


甘党の国ギリシャを象徴するクリスマスのお菓子 メロマカロナ

ギリシャのクリスマスのお菓子といえば、アーモンドの風味たっぷりのクッキーに真っ白な粉砂糖のかかったクラヴィエデスが有名ですが、もう一つ、メロマカロナという伝統的なお菓子があります。サクサクした食感のクラヴィエデスに対して、しっとりした食感が特徴的。オリーブ油やオレンジジュース、シナモン、蜂蜜などを混ぜ込んだクッキーを蜂蜜と砂糖のシロップに漬け込み、砕いたクルミをたっぷり振りかけて出来上がりです。 ギリシャの人々は甘いものが大好きで、街中には、いたる所にチョコレート屋さんやケーキ屋さんが並んでいます。クリスマスの時期にはこの二つのお菓子が一斉に店頭に並びます。真っ白なクラヴィエデスと茶色のメロマカロナが並んでいる様子は、まるでお饅頭のよう。どちらも作り方は簡単なので、家庭で手作りする人も多いようです。


それぞれの国の風土に根ざしたクリスマス料理

ハンガリーのベイグリ、スウェーデンのルートフィスク、ギリシャのメロマカロナと、クリスマスに食べられている海外の食べ物を三つご紹介しました。世界には、まだまだ数多くのクリスマス料理があります。 イギリスのチポラタという料理は、親指程度の小さなソーセージをベーコンで巻いたものです。その姿がイエス・キリストが産着を着た姿に似ていると言われ、クリスマスの食卓に乗るようになりました。また、ひき肉やリンゴの入ったミンスパイという料理は、キリストの眠るゆりかごを表していると言われています。 キリスト教の広がりと共に、それぞれの地域に根ざしたものが作られるようになったクリスマス料理。一口食べただけで、その国の風土を感じることができるかもしれません。チキンやケーキもいいですが、こうした海外のクリスマス料理に目を向けてみるのも楽しいですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. hochiminhfood_img1 ホーチミンで本場のベトナム料理を楽しむ
    FOODSPOT
  2. image 歴史と自然が育んだ古都鎌倉の特産品
    FOODSHOPPING
  3. IMG_20161204121710_366675344_medium 世界に羽ばたく、盆栽
    CULTURETREND
  4. shutterstock_266119838 グルメ大国、スイスで味わう郷土料理
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_167442215 八戸市が発祥、B-1グランプリ
    FOODTREND
  6. shutterstock_531289363 はずれなし!横浜中華街の絶品グルメ
    FOODTIPS
  7. 292_1_image アメリカでは「メリークリスマス」が禁句ってホント!?
    CULTURETREND
  8. shutterstock_224604439 歴史文化の情緒豊かな都市、ウィーンを観光しよう
    CULTURETOWN

新着記事