ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 国を知るにはまず料理から。デンマークの伝統料理について

CULTUREFOOD

国を知るにはまず料理から。デンマークの伝統料理について

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_258618815

ドイツの北にあり、海を挟んでスウェーデンと隣り合う北欧の国、デンマーク。童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの故郷であることから「おとぎの国」とも呼ばれ、美しくも歴史を感じさせる街並みや幻想的な白夜などロマンチックな見どころに溢れた国です。デンマーク料理は日本人の口に合うものが多く、旅の楽しみである「食」も思う存分満喫できます。今回は中でもおすすめの伝統料理「スモーブロー」、「フレスケスタイ」、「エゲケー」の3つをご紹介します。


デンマークといえばコレ!手軽で華やかなスモーブロー

スモーブローとは直訳すると「バターを塗ったパン」という意味です。スライスしたライ麦パンにバターを塗り、野菜や肉、魚介類やチーズなどの具材をトッピングしたオープンサンドイッチで、デンマークを代表する国民的料理。リーズナブルな店から高級店まで、あちこちにスモーブローのお店があります。彩り豊かなスモーブローは、ちょっとしたおもてなしにもぴったり。サンドイッチだからといって手づかみせずに、きちんとナイフとフォークを使っていただきましょう。


クリスマスの定番料理 フレスケスタイ

フレスケスタイとはデンマーク風ローストポークのことで、クリスマスやお祝いごとには欠かせない料理です。作り方はとてもシンプルで、豚のブロック肉に塩を塗りこみ、オーブンで2時間程度じっくりと焼き上げるだけ。このとき肉に切り込みをいれることが重要で、このひと手間で余分な油が落ちて表面がパリパリに仕上がるのです。外側はカリッと香ばしく、中は柔らかくジューシーなフレスケスタイ。赤キャベツの酢漬けと共にいただくのが一般的です。


デンマーク風オムレツ エゲケー

デンマークの言葉でエッグケーキという意味を持つエゲケー。そう聞くと「スイーツか何か?」と思ってしまいますが実際はオムレツのような料理で、イメージとしてはスパニッシュオムレツやキッシュのような卵料理に近いです。トマトなどお好みの野菜とともにフライパンで焼き上げるのですが、その時デンマークであらゆる料理に使われるニシンを加えるとぐっと本場の味に近づけます。手軽に作れる料理なので、気になる方は自宅でもチャレンジしてみてください。


デンマークならではの料理を堪能しよう!

豊かな大地と海に恵まれたデンマークでは、肉は主に豚肉、ニシンを代表とする魚介類、バターやチーズなどの乳製品を使った料理が多く見られます。今回ご紹介した3つの料理のほかには、デンマーク版のハンバーグである「フレカデラー」、こちらもまたデンマークでたくさんとれるりんごをソースに使い豚のソテーとともにいただく「エープルフラシュク」、朝食によく食される甘い菓子パン「デニッシュ・ペストリー」などが特に有名です。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_473849968 各地に残る、日本のおとぎ話発祥の地
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_439882201 秋田県県内はB級グルメの宝庫
    FOODTOWN
  3. shutterstock_200625863 雪国に天国が点在!北海道の温泉
    CULTURETIPS
  4. image 外国文化が混ざり合う長崎名物
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_360718787 温泉だけではない、大分の特産品
    CULTUREFOOD
  6. shutterstock_273025187 地中海の恵み、シチリアのフルーツ
    CULTUREFOOD
  7. image ロマンチック街道のクライマックス ノイシュヴァンシュタイン城
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_335456417 長い歴史を持つ伝統工芸、輪島塗
    CULTURETIPS

新着記事