ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT > 逆に期待できる!?世界三大がっかり観光地とは

SPOT

逆に期待できる!?世界三大がっかり観光地とは

SPOT 投稿者: ココマチ編集部
243_1_gakkarispot_img1

人間は何かに順位をつけるのが好きなのか、この世のいたるものにさまざまなランキングが存在しています。その中でもよく聞く「世界三大○○」。素晴らしいもの、感動するものが主役となるはずのこのランキングに、たまにユーモアに富んだものが紛れ込んでいます。その代表的なのが「世界三大がっかり観光地」というものです。世界的にも大変有名で、写真や映像で見ると素晴らしいので実物もさぞかしと思って現地に行ってみると、評判や想像とは大違いでがっかりする、という観光地。最近はむしろこれがどの程度がっかりなものなのか、という楽しみに置き換わって、逆にさらなる人気を呼んでいるということもあるようです。
ここではそんな名高い世界三大がっかりスポットであるベルギーの小便小僧、デンマークの人魚姫の像、シンガポールのマーライオンについてご紹介します。


コンセプトのわりにはインパクトは?小便小僧

少年が放尿している姿の像、小便小僧は世界各地で見られますが、起源はベルギーのブリュッセルにあるとされています。爆弾の導火線に小便をかけて火を消し、街を爆破の危機から救った少年の逸話に由来すると言われています。タイミングが良ければさまざまな服を着ている姿が見られ、お祭りの際には水ではなくビールが放出されるという、ブリュッセル市民のユーモアと愛にあふれる街のシンボルとなっています。 しかしその姿は意外に小さく、しかもかなり高い場所にあるため、間近まで寄って見ることができません。そのため強烈なコンセプトから受ける衝撃を求めて見に行くと、がっかりしてしまうケースが多いようです。また、街には小便小僧をモチーフにしたおみやげや看板などがあふれているため、本物を見てもインパクトや新鮮味に欠けるというのも理由になっています。


美しく悲しいがっかりスポット 人魚姫の像

デンマークを代表する童話作家アンデルセン作の悲しくも美しい物語、人魚姫。バレエで人魚姫が演じられたものに、あるビールメーカーの社長が感銘を受けてモチーフとして造ったものが、コペンハーゲンにある人魚姫の像です。その哀愁に満ちた表情と姿は、100年以上も街のシンボルとして愛されてきました。 このような素敵なエピソードを持つにも関わらずがっかりスポットに数えられている理由は、まず立地の悪さです。像に至るまでの道はまるで絵画のような美しさなのに、当の像がある地点は海の向こうに工場の煙突が並び、風情とは程遠いのです。また、125cmという決して大きいとは言えない身長も、がっかり感をより増幅させているようです。とは言え有名であることには間違いないので、常に観光客が群がり記念写真を撮っています。その光景がまた、像の美しさを損なう原因ともなってしまっています。


がっかりスポットの汚名返上!?マーライオン

頭がライオン、体が魚であるマーライオンは、シンガポールの守り神として、国のシンボルとなってきました。特にマーライオンパークにある2体が世界的にも有名です。高層ビルの夜景や、後ろにそびえるマリーナベイサンズと組み合わせた景観が素晴らしく、シンガポール随一の観光名所となっています。 口から水を噴き出しているはずのマーライオンは、一時期ポンプの故障で沈黙していた時期があり、また付近に新設された橋によって正面からの姿が見えなくなったということもありました。がっかり名所として名が知れてしまったのはちょうどそのときだと言われていて、2002年に現在の場所に移設されてからは徐々に人気を取り戻しつつあるようです。国内には他にも政府公認のマーライオンが3体あります。マニアックな場所に潜んでいるものもあるので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。


がっかりしないためのがっかりスポット 観光のしかた

小便小僧、人魚姫の像、マーライオン、この世界三大がっかり観光地だけではなく、世界中のがっかりスポットの共通点は何でしょうか。まずは想像していたものより規模が小さい、すぐ近くで見られない、という点が挙げられます。他にはパンフレットなどに載っている写真との差が大きすぎて、期待を裏切られるということです。 しかしどのような点に期待するかは人それぞれであり、条件によっても感じ方は全く異なってきます。例えば人魚姫の像は、晴れた青空の下で見た方が美しいという人もいれば、どんよりとした曇り空をバックに見た方が物哀しさが際立ち、風情を感じるという人もいるでしょう。また、そのスポットの歴史や背景に特別な思い入れがあれば、さらに見方は変わってきます。 人々にがっかり名所の認定をされてしまっても、自分の感じ方をもって、自分の目で見に行くことが大切なのではないでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. トルコの観光スポット 東西の文化が混じり合う魅惑の地、トルコを観光する
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_394460134 東洋のガラパゴス、小笠原諸島へ行こう
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_198258818 心も体もリフレッシュ!関東で乗馬体験ができるおすすめスポット
    CULTURESPOTTREND
  4. 観光スポット盛りだくさん!埼玉へ行こう 観光スポット盛りだくさん!埼玉へ行こう
    SPOTTOWN
  5. まるで山水画の世界!映画「アバター」のモデル世界遺産・武陵源の絶景 世界遺産・武陵源 張家界の絶景は、まるで山水画の世界!映画「アバ…
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_283069622 オーストリア観光で訪れたい3つの都市
    SPOTTOWN
  7. 猫好きにはたまらない!世界6大猫スポットに選ばれた台湾の猫村「猴硐」 猫好きにはたまらない!世界6大猫スポットに選ばれた台湾の猫村「猴…
    SPOTTOWN
  8. image アツイ街、リオデジャネイロの観光スポット
    SPOTTREND

新着記事