ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > アクセスは抜群!世界と結ばれた観光都市 ドバイ

SPOTTOWN

アクセスは抜群!世界と結ばれた観光都市 ドバイ

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
dubai_img1

アラビア半島のペルシア湾沿岸に位置する大都市、ドバイ。アラブ首長国連邦の首長国のひとつで、中東のみならず世界有数の大都市です。ドバイ国際空港を拠点とするエミレーツ航空は世界全ての大陸に就航しており、あらゆる国から観光客が訪れています。
日本からの行き方は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港から運航している直行便を利用するのが最も簡単。およそ10~12時間のフライトで到着します。経由便を利用する場合、ドーハやアブダビといった中東の近隣都市のほか、シンガポール航空やマレーシア航空、キャセイパシフィック航空、大韓航空などのアジア諸国に立ち寄るルートを選択できます。
経済、文化、観光の中心地として発展を続けるこの国には多くの観光スポットがありますが、今回はその中から「ブルジュ・ハリファ」「ドバイモール」「アトランティス・ザ・パーム」をご紹介します。


世界の記録を塗り替えた超高層ビル ブルジュ・ハリファ

ブルジュ・ハリファは、ダウンタウン・ブルジュ・ドバイ地区に建てられた超高層ビルです。160階建て、高さは828mで、2015年現在では世界一の高さを誇っています。建設からオープンまで実に6年もの歳月をかけ、総工費は1400億円ともいわれたこのビルは、当時世界一であった台湾の高層ビル「台北101」の高さを300mも一気に抜き去ってしまいました。ビル内にはオフィスやアルマーニが運営する高級ホテル、マンションが入っており、展望台からは大都市ドバイの街を一望できます。ドバイを象徴する建築物として世界中から人々が訪れる人気の観光スポットとなっています。 この展望台へは、ブルジュ・ハリファから直接入るのではなく隣接するドバイ・モールから向かうことになるので注意が必要です。また、チケットは当日券を購入するよりウェブで事前予約したほうが数倍安価で購入できます。


圧倒的なスケールを誇るドバイモール

ドバイモールは、2008年ドバイにオープンした世界最大の敷地面積を誇るショピングモールです。東京ドーム23個分という広大な敷地の中には約1200もの店舗が連なっており、その迫力は圧巻です。ショッピング以外にも、世界最大級の巨大水槽で有名な水族館や22のスクリーンを持つ映画館、屋内スケートリンクに様々なアトラクションを楽しめるセガのゲームセンターなど、ありとあらゆるエンターテイメント施設が入っていて、それだけでも1日過ごせてしまう規模。また毎晩開催される無料の噴水ショーは迫力満点で、ドバイ観光の名物にもなっています。 世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の展望室への受付もこのモール内にあります。ブルジュ・ハリファへはここから地下道を通って向かうので、ドバイモールとブルジュ・ハリファをあわせて観光することができます。


海のエンターテイメントが揃うアトランティス・ザ・パーム

ドバイ湾には、椰子の木の形を模した高級リゾートエリアである人工島「パーム・アイランド」があります。建設途中のものも含め3つの島があり、先駆けて完成した「パーム・ジュメイラ」内に2008年オープンした1539室の客室を誇るリゾートホテルが「アトランティス・ザ・パーム」です。 アトランティス・ザ・パーム内には数々のテーマパークがあり、ドバイ有数の観光スポットとなっています。巨大ウォータースライドで知られるウォーターパーク「アクアベンチャー」や「ロストチェンバー水族館」、イルカとの触れ合いが楽しめる「ドルフィン・ベイ」に野外水族館「マリーン・アニマル・アドベンチャー」といった多彩なレジャー施設のほか、ボートクルーズやダイビングを楽しむこともできます。スパやクラブなどの設備や託児サービスも充実しており、思い切りマリンリゾートを満喫できます。


驚きと感動があふれる国 ドバイ

世界有数の観光都市であるドバイには、他にも多くの見どころがあります。 世界最大級の噴水「ドバイ・ファウンテン」、屋内スキー場を併設し、ドバイモールに次ぐ大きさであるショッピングモール「エミレーツモール」、「ジュメイラ・アイランズ」をはじめとする多くの人工島、「ブルジュ・アル・アラブ」に代表される数々のリゾートホテル、ホテルやビーチ、ブティックなどが立ち並ぶ一大リゾート「マディナ・ディメイラ」など、国内には数え切れないほどの観光スポットがあり、そのどれもが圧倒的な規模を誇っています。 また開発地以外にも、ドバイ一美しい礼拝堂といわれる「ジュメイラモスク」や、昔からこの国の人々の生活を支えてきた伝統的なスーク(市場)など、歴史を感じさせるエキゾチックな名所も多くあります。 この国のあらゆる場所に、日本では味わえない驚きと体験が待っています。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. spot_img1 まるでおとぎの国!中世の香り漂うバルト三国
    CULTURETOWN
  2. los_img1 アメリカ西海岸の代表的地域、ロサンゼルス観光のおすすめ
    SPOT
  3. image 瀬戸内国際芸術祭も開催 小さな島犬島の魅力
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_262997327 ガイドブックにはあまり載っていない一味違った中国
    SPOTTOWN
  5. image 東西の文化が混ざり合う魅惑の街、イスタンブールの観光スポット
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_224634127 アメリカ独立の中心地、ボストンの定番観光スポット
    SPOTTOWN
  7. 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは? 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは?
    TIPSTOWN
  8. image サマーシーズンが楽しい!ルーマニアのオススメ黒海沿岸リゾート
    SPOTTREND

新着記事