ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > PR > アメリカ渡航に必要なESTAは「ESTA ASIA」で代行可能!

PR

アメリカ渡航に必要なESTAは「ESTA ASIA」で代行可能!

PR 投稿者: ココマチ編集部
アメリカ渡航に必要なESTAは「ESTA ASIA」で代行可能!

アメリカに行こうと思い立ったら、パスポートと一緒に準備しなくてはいけないもの。それはESTA(エスタ)と呼ばれる米国電子渡航認証システムによる渡航認証です。ESTAとは、Electronic System for Travel Authorizationの略で、テロ対策の一環として渡航者の中に危険人物が含まれていないかどうかを事前に把握するために米国政府が導入したシステムです。アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)が定めた米国のビザ免除プログラム(VWP)に参加している日本は、有効なICパスポート、往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、渡米目的が短期の商用や観光であればビザなしで米国(ハワイも含む)に90日以下の滞在が可能ですが、そのためには個人情報などを事前に申請して渡航の承認を受けておかなくてはなりません。乗り継ぎでアメリカに入国する場合も同様で、この認証がないと米国行きの航空機等に搭乗できず入国も拒否されるので、必ず出発前に取得しておく必要があります。ESTAの有効期間は承認された日から2年間(パスポートの有効期間内)で、その期間内であれば何度でも入国できますが、更新制度はないため、期限が切れたら再び新規申請をする必要があります。有効なビザを所持している人はESTAの申請は不要です。


ESTAの申請方法

ESTAの申請にはインターネット環境が必要で、①自分自身で申請する ②旅行会社や代行専門会社に依頼する方法があります。①の場合は米国政府ESTA公式サイトにアクセスし、申請用ウェブサイトから(1)申請者情報(氏名、生年月日など)、(2)パスポート情報(番号、有効期限など)、(3)渡航情報(乗り継ぎか否か)、(4)アメリカ内外での連絡先情報などを入力して申請を行います。通常は申請後すぐに渡航認証許可の回答があるので発行された申請番号を記録し、その後、認証システムの費用14ドル(処理費用4ドル+認証費用10ドル)をクレジットカードまたはデビットカードでオンライン決済すれば完了です。渡航認証保留になった場合は72時間以内に結果がわかりますが、認証拒否と判定されてしまったら最寄りの大使館や領事館でビザを取得しなければなりません。


「ESTA ASIA(エスタ申請アジア代行センター)」で代行も可能

②は手数料を払って、旅行会社や専門知識を持っている専門業者に依頼する方法です。公式サイトには日本語もありますが、回答は英語(ローマ字)で入力するため、オンラインに不慣れな方、面倒な手続きを避けたい方には強い味方です。「ESTA ASIA」はそのような方を日本語でサポートする老舗の代行会社で、365日24時間メールカスタマーセンターを運営し、時間を気にすることなくいつでも質問やトラブルなどに対応できるサポート体制を敷いています。申請も24時間体制で受け付けているので、直前でも依頼ができ、急な出張や多忙な方には好都合です。代行手数料は7,400円(税込、米国CBP認証費用14ドル含む)で、他にも豊富なサービスが満載。カスタマーサービス以外にどのようなメリットがあるのかご紹介していきましょう。


「ESTA ASIA」代行のメリット 

申込みはホームページからで各種注意事項を読み利用規約に同意すると、ESTA渡航申請書の画面に入ります。このフォームは「ESTA ASIA」のオリジナルで、CBP公式サイトよりスピーディーかつ手軽に入力できるように改良されており、自宅住所の欄には英語変換サイトがリンクされるなど入力も楽々です。質問は何回でもOKで、サイトの「よくあるご質問」のページにもESTA全般の手引きが詳しく掲載されているので不明点もすぐ解決します。そして何より心強いのは、ESTA受理システムエラーなどのトラブル時。ESTAを統括しているのは米国国土安全保障省(U.S. Customs and Border Protection=CBP)という政府機関で、窓口の顧客相談室への問い合わせは全て英語となるので、この対応も任せることができます。また申請書の質問に間違って回答してしまった場合や申請拒否になった時のサポート、アドバイスもしてもらえます。  


セキュリティ体制も万全

申込内容に不備がなければ、米国CBPデータベースへの登録代行が開始され、最短で当日に処理が完了します。申請結果が入り次第、メールで連絡がきて、渡航が認証された場合は同時に登録許可証がPDF形式で送られてきます。画面から印刷が難しい場合に備えて、全国のセブンイレブンで印刷できるサービスも無償で行っています。パスポート情報などの個人情報の漏洩防止にも万全の体制を敷いており、高度セキュリティ基準のサーバーに情報を保存、許可証もウィルスチェックをした後に送信されています。クレジットカード番号情報もカード決済処理会社へ直接送られるので流出の恐れもありません。携帯電話からも申請と決済が可能な「ESTA ASIA」は、とても便利でありがたいサービスがたくさんありますが、手数料がかかるという点を理解した上でご利用ください。




この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 【祝20周年!さらにパワーアップ!香港の新年カウントダウン・セレブレーション 祝20周年!さらにパワーアップ!香港の新年カウントダウン・セレブ…
    PR
  2. リゾートバイトはメリットいっぱい!まずは1週間から始めてみよう! リゾートバイトはメリットいっぱい!まずは1週間から始めてみよう!…
    PR
  3. アンコールワットのサンライズツアーについて アンコールワットのサンライズツアーについて
    PRTIPS
  4. _4881 ☆英語をもっと好きになるカナダ旅☆ by CanEgo
    PR
  5. アメリカ留学300万円がタダ!? アメリカ留学300万円がタダ!?
    PR
  6. 有馬温泉が上位独占!関西エリアの日帰り人気温泉宿トップ3 有馬温泉が上位独占!関西エリアの日帰り人気温泉宿トップ3
    PRTREND
  7. 意外と早くラクに着く!香港エクスプレスでシェムリアップのアンコール観光 意外と早くラクに着く!香港エクスプレスでシェムリアップのアンコー…
    PRTIPS
  8. 思い立ったらすぐ温泉!関東エリアの人気日帰り温泉宿トップ3 思い立ったらすぐ温泉!関東エリアの人気日帰り温泉宿トップ3
    PRTREND
ココマチギフト

新着記事