ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TOWN > Skypeを開発したIT先進国 エストニアの知られざる魅力

TIPSTOWN

Skypeを開発したIT先進国 エストニアの知られざる魅力

TIPSTOWN 投稿者: 吉川由美
Skypeを開発したIT先進国 エストニアの知られざる魅力

皆さんは北欧にあるエストニア共和国という国をご存知でしょうか。バルト海の北東岸にある九州と同じくらいの面積の人口約135万人の小さな国で、北はフィンランド湾、西はバルト海、南はラトビア、東はロシアと国境を接し、ラトビア、リトアニアとともに「バルト三国」の一国を成しています。首都はタリンで、旧市街は「タリン歴史地区」として世界文化遺産に登録されています。世界中に多数のユーザーを持つインターネット電話サービス、Skype(スカイプ)を開発した国としても知られ、欧州を代表するIT大国という一面も持っています。日本ではまだあまり知られていないエストニアの魅力をご紹介しましょう。


世界遺産「タリン歴史地区」

エストニア語で「デンマーク人の城」を表す古都タリンは、中世以来、ハンザ同盟の都市の一つとして栄えた港湾都市です。バルト海に面したタリン港は冬も凍らないため、地中海とヨーロッパ、ロシアを結ぶ交易の拠点として発展しましたが、デンマークやドイツ、旧ソビエト連邦などから度重なる侵攻を受け、旧ソビエト連邦の構成国となっていた1991年8月、ソ連の解体により独立を果たしました。世界遺産のタリン旧市街はそのような変遷の中でも当時の建物がよく保存されており、城壁で囲まれた街には当時の建物が多く残っています。トームペア城はエストニア屈指の要塞で、その向かいに建つアレクサンドル・ネフスキー聖堂はソ連に支配されていた頃の遺産として今も威厳を誇っています。ラコエヤ広場に建つ旧市庁舎は北欧で唯一中世から残る建造物です。石畳の路地はすべてがフォトジェニックで中世の趣きとモダンな雰囲気、両方を併せ持っています。


北欧のシリコンバレー

エストニアはこの美しい歴史地区とともにハイテク産業でも名を馳せています。Skypeは2003年にここエストニアで誕生し、世界中から多くのIT企業が進出して「北欧のシリコンバレー」とも称されています。小学生から授業にウェブやモバイルのアプリ開発を取り入れるなど早期教育にも力を入れており、国際学力調査においても欧州の上位常連国となっています。無線LANも世界屈指の普及率で、空港やカフェ、ホテル、レストランはもちろん、公園や病院、ビーチなど屋内外問わずどこでもWiFiが使えます。またマイナンバー制を真っ先に導入し、選挙から教育、医療、警察、居住権まで全てインターネット上でできる「e-Government(電子政府)」の取り組みでも世界の最先端を走っています。その原動力となったのは大国ロシアの存在で、侵略を受けた過去が民族の存続という巨大なモチベーションになり、国が滅びても電子上に存続できる電子政府を確立しました。これはITの普及を社会基盤とした成果といえます。


旅行者に好都合な環境

公用語はエストニア語ですが、国民の英語レベルが高く、たいていの人は流暢に英語が話せます。経済状況も良好で物価も安く、週末には隣国フィンランド人がスーパーに買い出しに通う光景がよく見られます。治安もよく、世界中の国々のさまざまなデータを集めているウェブサイト「NUMBEO」の統計によると、2017年1月現在、日中の安全指数は東京が85.62(Very High)に対しエストニアは95.89(Very High)、夜間の指数は東京が81.43(Very High)、エストニアは71.52(High)になっており、日中は東京より安全値が高くなっています。日本にいてもそうですが、スリ、置き引きに気をつけて夜間暗がりを歩くのを避ければ、エストニアの治安は比較的安全といえるでしょう。旅行者にはありがたい要素がびっしりですね。


新鮮な海の幸も魅力

エストニアは日本人にはあまりなじみがない国ですが、大相撲好きなら元大関、把瑠都の出身地といえば親近感を持たれる方もいらっしゃるでしょう。日本から直行便は運航されていませんが、フィンランドの首都ヘルシンキに入ると高速船で約1時間半で行くことができ、決して行きにくい国ではありません。EUに加盟しており通貨はユーロで、シェンゲン協定国でもあるため、フィンランドから入国も容易で両替の必要もなく、北欧の周辺国と一緒にプランニングされてもいいでしょう。海が近いエストニアは新鮮な海の幸も大きな魅力。なかでも脂ののったサーモンは必食です。意外にもお寿司屋さんが多く、エストニア人が握る寿司は旅の土産話になるかも。地ビールのSAKUと一緒に食欲も満たしましょう。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. wakayama_img1 海と山々に囲まれた聖地 和歌山
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_391314283 数十年も変わらない人気!日本プロ野球の魅力
    CULTURETIPS
  3. shutterstock_262428152-1 人情の街大阪の歴史あふれる工芸品とは
    SHOPPINGTOWN
  4. shutterstock_178303442 シチリア島で独特な文化と生きる街 パレルモ
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_431721697 数100円で買えるしあわせ。あえて食べに行きたい、東京都内の絶品…
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_342093995 日本人にはなじみが薄いマイナーな国へ観光に行ってみよう
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_322562630 ケルトの自由な魂を感じられる街、ダブリンオススメスポット
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_244856098 おとぎ話の世界が広がる東欧で是非行きたい観光地3選
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事