ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TREND > 旅行者に便利な通貨ユーロを導入しない国々

TIPSTREND

旅行者に便利な通貨ユーロを導入しない国々

TIPSTREND 投稿者: ココマチ編集部
currency_img1

EU加盟国の多くといくつかの非加盟国で共通通貨として広く使われるユーロ。ヨーロッパの多くの国で使われている通貨なので、国がかわるたびに両替をする手間や手数料がいらないという利点があります。そのため複数の国をまわるヨーロッパ周遊旅行の際にはとても便利です。しかしヨーロッパ諸国の中にはユーロではなく独自の通貨を使用している国もあり、知らずにその国へ行って戸惑う場面もでてきます。
旅行者にとってみると便利なユーロを導入しないことは不思議なことのように感じますが、それぞれの国にそれぞれの事情や理由があり、その内容はヨーロッパ旅行を考えられている方には興味のあるところでしょう。そこで今回はユーロを導入していない国々の中から、EU加盟国のイギリスとハンガリー、非加盟国のスイスをとり上げてユーロを導入しない理由や国情、そして紙幣や硬貨の種類などをご紹介します。


女王陛下が目印・イギリスポンド

イギリスはEU加盟国ですが、ユーロを導入していない国のひとつです。導入しない理由としては国民の賛同を得られないところが大きいようです。反対理由としては、複数の国が使用する共通通貨では国の現状にあった金融政策がとりにくいというものや、以前国際的な決済通貨として利用されていたことへの誇りなどがあります。また全ての紙幣・硬貨に描かれているエリザベス女王の肖像がなくなることに対する反対も強いようです。 イギリスの通貨の単位はポンドとペニー(複数形ペンス)で、100ペンスが1ポンドとなります。ポンドという通貨単位を使用する国が複数あるので区別するために、スターリング・ポンドと呼ばれています。国内に流通している紙幣は額が小さなものから5・10・20・50ポンドの4種類で、硬貨は1ペニー・2・5・10・20・50ペンスと1・2ポンドの8種類です。


世界で信頼される通貨・スイスフラン

永世中立国として、そして観光国としても有名なスイス。この国で通貨として使われるスイスフランは、国際社会におけるスイスの地位が高いため安定した国際通貨として知られ「ゴールドよりも堅い」とさえ言われるほどです。そのため自国の通貨が不安定な国の中には海外との貿易にスイスフランが使用されることが多くあります。このようにスイスだけでなくさまざまな国で重要な働きをする通貨なので、共通通貨のユーロを導入することなく独自通貨を貫いているのです。 スイスフランの補助通貨は4つの公用語でそれぞれラッペン(ドイツ語)・サンチーム(フランス語)・チェンテージモ(イタリア語)・ラップ(ロマンシュ語)と呼ばれています。紙幣は10・20・50・100・200・1000フランの6種類で、硬貨は5・10・20ラッペン1/2・1・2・5フランの7種類です。


中央ヨーロッパの観光国ハンガリーの通貨・フォリント

中央ヨーロッパのハンガリーには中世の街並みが残る場所や、貴腐ワインの産地、野鳥の楽園など多くの見どころが点在し、世界各国から観光客が訪れます。2004年にEUに加盟してからは国境の行き来が楽になったこともあり、周遊プランもたてやすくなりました。しかしハンガリーでは国内経済が安定していないため、周遊旅行で便利なユーロ導入の条件を満たしていないので、独自通貨が使用されています。近年ユーロの導入を目指して経済の立て直しをしてはいるのですが、いまだ財政赤字が削減できず、ユーロの導入はもう少し先になりそうです。 ハンガリー国内で流通している通貨単位はフォリントで、補助通貨のフィッレールは現在使われていません。紙幣は500・1000・2000・5000・10000・20000フォリントの6種類で、硬貨が5・10・20・50・100・200フォリントの6種類です。


不便ささえも楽しめる余裕を持った旅行を

ユーロを導入していない国々は、それぞれに違った事情をかかえていました。共通通貨が使われていないと不便な面も多くありますが、イギリスとハンガリーの通貨はユーロが導入してしまうと見られなくなりますし、スイスの独自通貨は国の信頼度の高さにもつながるもの。さまざまな国の違いを満喫できるヨーロッパ旅行の楽しみのひとつと思えるくらい、余裕のある旅にしたいですよね。 今回ご紹介した3国のほかにもデンマークやノルウェー、ルーマニアなどユーロを導入していない国はまだあります。クレジットカードを利用すれば両替の手間も手数料も必要はありませんが、旅行は非日常を堪能する時間。せっかくならそれぞれの国の事情や通貨の成り立ちを考えながら旅行のプランを立てて、慣れない通貨に戸惑いながらも両替の手間さえ楽しめるヨーロッパ旅行を実現してみませんか?


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_522122353 あの人がこんなお店を!芸能人が経営するお店へ行ってみよう
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_68171440 ホテルで最上級のおもてなし 人気のクラブフロア3選
    TIPSTREND
  3. shutterstock_233730265 あなたは何を思い浮かべますか?札幌の特産品
    TIPSTOWN
  4. 248_1_img_main02 浅草のハイセンスな海外旅行客向けホステル
    SPOTTREND
  5. shutterstock_454059715 アンデルセンの愛した港町コペンハーゲン「ニューハウン」の楽しみ方…
    SPOTTIPS
  6. 自然豊かなボルネオ島の公園をご紹介! 自然豊かなボルネオ島の公園をご紹介!
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_206883190 新感覚の癒やしを体験!温泉地の足湯カフェ
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_470793320 高知県といえばこれ!盛大な夏の祭典「よさこい祭り」
    CULTURETIPS
ココマチギフト

新着記事