ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 知っておくと安心!ヨーロッパのチップ習慣

CULTURETIPS

知っておくと安心!ヨーロッパのチップ習慣

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
tip_img1

外国の飲食店やホテルを利用する際、従業員にチップを渡す場面に少なからず遭遇することになります。自国ではなじみのないこの習慣に戸惑う日本人は多いはず。海外旅行において日本との文化の違いを実感させるものの一つですね。日本では、「サービス=無料の贈り物」という考えが一般的ですが、外国の多くの国々では、「サービス=それ相応のお金を支払って受けるもの」という考えが一般的なのです。
また、チップの支払に関しては色々な決まりや暗黙の了解があるようです。そこで今回は、イギリス、ドイツ、フランスといったヨーロッパの国々において、この習慣が具体的にどんな風に行われているかをご紹介します。国によって何か違いはあるのか、心がけておくこと、気を付けるべきことは何かといったことをあらかじめ知っておくと、海外旅行がもっと楽しくなりそうですね。


チップ発祥の地、イギリス

チップの起源はイギリスにあると言われています。一説では、18世紀のロンドンのバーで、「To inquire Promptness(迅速なサービスを望む)」客がウェイターに小銭を渡したことが始まりで、この頭文字を取って「tip」という言葉が生まれたと言われています。 支払う方法は、主に3つあります。一つは、レストランなどで現金をテーブルに残してお店を出る、二つ目は、ホテルのコンシェルジュなどに直接手渡す、三つ目はクレジットカードで支払う際に上乗せするという方法です。 どんな時に支払いが必要かというと、実は明確な線引きはなくて難しいのですが、大まかに言って「何かを運んでもらった時」「個人的なサービスを受けた時」で判断するのが良いでしょう。代表的なのはタクシーの運転手さんに支払う場合です。 イギリスでは、特にホテルにおいて、なにかとチップを支払う場面が多いようです。


チップとともに丁寧な挨拶も心がけよう フランス

フランス語でチップはプーボワールと言い、他の国と同様サービスを提供してくれた人に対して感謝の気持ちを込めて支払うものですが、フランスでは最近その習慣が薄れつつあり、「サービスが良かった場合や特別な待遇を受けた時以外は払わない」というフランス人も多いようです。よって日本人もこれに従って基本的に問題が無いと言えますが、カフェやレストランなどでは支払うのが一般的のようです。 具体的な例としては、カフェで1.8ユーロのコーヒーを飲んだら20ユーロ札を渡してお釣りは置いていく、上級なレストランやホテルでサービスを受けた場合のチップは少し多めに支払うといったことなどがあります。 また基本的なこととして、サービスを受けた店員さんや従業員さんにその都度「メルシー(ありがとう)」「ボンジュール(こんにちは)」「ボンソワール(こんばんは)」と挨拶をするのも大切なことです。


カフェやレストランでチップは一般的 ドイツ

ドイツ語ではチップのことをトリンクゲルドと言い、ドイツのホテルではサービス料として料金に最初から組み込まれていることが多く、支払う機会があまりないのがイギリスやフランスと違う点です。枕の下に小銭を置いておく「枕銭」も一般的ではないので行う必要はありません。それから、レストランにレジがないので、食事を済ませたら、席を立って支払いに行くのではなく、その場で係りの人を呼んでテーブルの上で支払います。よってイギリスのようにテーブルに小銭を置いてお店を出るという習慣はなく、サービスが良かった係りの人に直接渡します。よほど不愉快なサービスを受けた場合でなければ、カフェやレストランではチップを支払うのが一般的といえます。 またドイツでは、日本では考えられないことですが、トイレでも入口に店員がいた場合0.30ユーロ程度を支払うことがあります。


チップの支払いは時と場合に応じた方法で

イギリス、フランス、ドイツといったヨーロッパの3つの国の例を見てきましたが、チップ習慣はそれぞれの国によって大きな違いはなく、大まかに言って「個人的なサービスを受けたら支払う」ということが共通しているようです。 チップの相場は請求金額の10~15%と言われていますが、厳密に計算する必要はなく、切りのいい数字に切り上げてお釣りのやり取りを不要にするという感覚がちょうど良いようです。最近は習慣が変化してきたこともあり、私たち日本人だけではなくその国の人々にとっても悩むポイントなのかもしれません。 また、ホテルやレストランを利用する際には、小銭を入れた小さなお財布をポケットに忍ばせておくと、いざという時にスムーズに渡すことができて便利です。 チップはあくまで「ありがとう」の気持ちを伝えるものです。時と場合に合った方法でスマートに支払うことができたら素敵ですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_419781082 ピクニックでストレス発散!関東のおすすめ公園
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_301658807 タイの伝統行事ローイクラトンとイーペン祭り
    CULTURETIPS
  3. shutterstock_521829061 チャオプラヤー川の宝石 バンコクの暁の寺「ワット・アルン」
    CULTURESPOT
  4. image モンレアーレ大聖堂 人里離れた場所にある世界遺産の大聖堂
    CULTURESPOT
  5. buddha_img1 ブッダの威光を肌で感じられる国 ミャンマー
    CULTURETOWN
  6. topimg[1] 海に浮かぶ秘境!青ヶ島の魅力に迫る
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_315302501 世界各地に残る特に可愛いと評判の民族衣装
    CULTURETIPS
  8. shutterstock_211773232 流行先取り!日本未上陸ヨーロッパファッションブランド
    SHOPPINGTIPS
ココマチギフト

新着記事