ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう!

SPOTTOWN

日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう!

SPOTTOWN 投稿者: 吉川由美
日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう!

日本から最も近いヨーロッパの国、。スカンジナビア半島の内側、バルト海の一番奥に位置し、国土の68%が森林、10%が湖沼という森と湖に恵まれた国です。
国土の3分の1が北極圏で、ラップランドと呼ばれる北部の夏は1日中太陽が沈まない白夜になり、寒さ厳しい冬は美しいオーロラが夜空を彩ります。
童話のムーミンは、ここ、フィンランドで生まれ、ロヴァニエミにあるサンタクロース村では世界中の子どもたちに手紙が届けられています。
シンプルなデザインと使い勝手がいい北欧雑貨も日本で大人気です。
2017年は、フィンランドの独立100周年を祝う年。
成田、大阪、名古屋から首都ヘルシンキには約9時間半で到着します。


オーロラベルトで見る夜空のショー

フィンランドといえば、銀世界を彩るオーロラ。
太陽から放出されたプラズマが、空気中の酸素や窒素などの原子と衝突する際に引き起こされる放電現象で、空気中の酸素と窒素の濃度の違いで、毎夜さまざまなグラデュエーションを奏でます。
低い空ではピンクや紫に、上空では緑に、最も高い地点では赤く輝き、弧状、帯状、カーテンのような幕状、放射状に広がるコロナ状など形もいろいろです。
オーロラが最もよく現れるオーロラベルトは北緯65度~70度付近で、ロヴァニエミ、サーリセルカ、レヴィが絶好の鑑賞地。
見るたびに姿を変えるオーロラは2度と同じものは発生せず、その日その時だけしか見れないもので、全面ガラス張りの部屋でベッドに寝転んだままオーロラが見れる「ガラスイグルー」が人気です。


世界遺産 「スオメンリンナ要塞」

首都ヘルシンキは「バルト海の乙女」の愛称にふさわしい静かな雰囲気の街で、1550年にスウェーデン国王によって対岸の現エストニアの首都タリンとの貿易拠点として建設され、1812年にロシアの自治大公国だったフィンランドの首都として整備されました。
ロシア統治時代の建物と独立後に建てられた近代的な建物が見事に共存しています。
主な観光スポットは徒歩で巡れるほど小さな街で、街の30%以上を緑地や公園が占めています。
フェリーで約15分のスオメンリンナ要塞はスウェーデン統治下の18世紀後半、ヘルシンキ湾に浮かぶ6つの島にロシアからの侵攻を防ぐために造られた海防要塞です。
1991年に世界文化遺産に登録され、ヘルシンキ市民の憩いの場ともなっています。


ヘルシンキの一大ショッピングスポット 「デザイン・ディストリクト」

ヘルシンキは北欧ブランドの本場。
寒さの厳しい冬が長く続くフィンランドは家で過ごす時間が多いため、暮らしの中の移住空間を快適にするナチュラルなインテリアや雑貨が多数生み出されています。
実用的な日常生活用品に温かいデザインを組合わせたシンプルな美しさが特徴で、イッタラ、マリメッコなどフィンランドを代表するデザインショップが100軒以上も集まる「デザイン・ディストリクト」は、北欧デザイン好きにはたまらないエリアです。
ウーデンマー通りを中心に、南はデザイン美術館周辺、東はエスプラナーディ、北はエーリンキ通りまで広いエリアに感性が光るショップが並び、欲しかったブランド商品がリーズナブルな価格で手に入ります。
いくら時間があっても足りないくらいなので、ショッピングの時間はたっぷりとっておきましょう。


1年それぞれの楽しみ方

ヘルシンキにはこの他にも、自然の岩山をくりぬいて建てられた「テンペリアウキオ教会」やステンレスパイプのモニュメントが奇抜なフィンランドの代表的な作曲家シベリウスを記念した「シベリウス公園」など見どころスポットがあり、映画『かもめ食堂』のロケ地になったヌークシオ国立公園やムーミンゆかりの地であるタンペレとナーンタリも日帰りで観光が可能です。
フィンランドのベストシーズンは白夜の夏と北欧ならではの白銀の冬ですが、秋もオーロラ鑑賞ができ、合計7カ所の世界遺産巡りやショッピングなど1年を通して楽しむことができます。
日本から直行便が運航されているフィンランドは、北欧旅行のゲートとしても注目を集めています。
思い立ったらあなたもフィンランドへひとっ飛びしてみませんか。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. topimg[1] 海に浮かぶ秘境!青ヶ島の魅力に迫る
    SPOTTIPS
  2. 東西文化が交差するエキゾチックな国 トルコの魅力はやわかり 東西文化が交差するエキゾチックな国 トルコの魅力はやわかり
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_233730265 あなたは何を思い浮かべますか?札幌の特産品
    TIPSTOWN
  4. shutterstock_398067142 今も愛され続ける東京の商店街3選
    CULTURESPOT
  5. castlehotel_img1 中世にタイムスリップ!メルヘンチックなドイツの古城ホテル
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_344287994 いくつ知ってる?世界のユニークなテーマパーク
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_378831622 コペンハーゲンの至宝 国王クリスチャン4世が愛したローゼンボー離…
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_315472472 本州最西端の地、山口県を楽しもう!
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事