ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SHOPPING, TOWN > 歴史と自然が結びついた 福岡の工芸品

SHOPPINGTOWN

歴史と自然が結びついた 福岡の工芸品

SHOPPINGTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_237930211

九州の北部に位置し、九州地方最大の人口を誇る福岡県。中国や朝鮮半島へも近いことから古くから大陸との交易が行われ、また幾度も大きな戦の舞台にもなってきた福岡は常に人や文化の流れが激しく、その影響を色濃く受けてきました。そして周辺の自然に目を向ければ、日本海、瀬戸内海、有明海といった3つ海と豊かな山々に恵まれています。ここに住む人々は、自然環境を利用して様々な技術や産業を生み出し、発達させていったのです。
このような背景を土台として、福岡には多くの工芸品が生まれました。そのどれもが深く地域に根ざした独自の特色を持っており、多彩な魅力にあふれています。国や県に指定されている福岡の工芸品は現在38品目ありますが、今回はその中から博多の工芸品、「博多織」「博多曲物」「博多人形」の3つについてご紹介します。


博多から世界へ羽ばたく 博多織

博多織は、経済産業大臣指定伝統的工芸品にも指定された伝統工芸品です。 鎌倉時代、宋へ渡った商人・満田与右衛門が織物の技術を博多に持ち帰り、独自の技法を加えながら家伝として受け継いでいったものが博多織のルーツになったと言われています。さらに江戸時代には、福岡藩主の黒田長政が仏具の「独鈷」、「華皿」を図案化した「献上柄」を用いた博多織を幕府へ献上したことから、博多織は「献上博多」の名で広く知られるようになったのです。 博多織の特徴は、生地に厚みとコシがあり、一度締めると激しい動きをしても緩みにくいこと。そのため武士にとりわけ愛用されたと言います。 現在では帯以外にも、バッグや財布、コースターなど様々な商品展開をし、HAKATA JAPANの名で海外進出も果たしています。伝統に新たな感覚を取り入れ、博多織は更に進化を続けています。


暮らしの中に今も息づく 博多曲物

熱湯で柔らかくした杉やヒノキの板を曲げ、それを桜の皮などで綴じて作られる曲物。曲物は古墳時代の遺跡からも出土していると言われており、古くから生活に欠かせない日用品として人々に使われてきました。曲物は曲げわっぱなどとも呼ばれ、日本各地で生産されています。木を用いた生活用品は、それだけ私達日本人にとって身近なものだったのでしょう。 福岡市の博多で生産される曲物は博多曲物と呼ばれています。その起源は大変古いもので、「古事記」や「日本書紀」にもその名が登場する神功皇后が身重の体で朝鮮へ出兵した際、博多の馬出という地で皇子を出産し、その胞衣(胎児を包んでいた膜や胎盤)を蔵める容器を作ったことが始まりとされています。以来曲物は、弁当箱やお櫃、また七五三などに使われる「ポッポーお膳」など、この地に暮らす人々の生活の様々なシーンで用いられるようになったのです。


土のもつ温かみが魅力 博多人形

博多人形の始まりは安土桃山時代、1600年のことと言われています。関ヶ原の戦いにおいて大きな功績を果した黒田長政が、福岡藩初代藩主として筑前の地に入国した際、福岡城建築のために多くの職人が集められました。そしてその職人が瓦用の粘土で人形を作ったことが博多人形の起源とされています。さらに江戸時代、正木宗七・中の子由兵衛・白水武平といった名工が登場したことにより博多人形の芸術性は一層高まり、明治時代にパリ万国博覧会に出品されたことでその名は国内のみならず海外にも広く知られるようになったのです。 福岡市中央区にある「人形のごとう」は、博多人形を取り扱う老舗のひとつ。様々な博多人形を取り揃えていることはもちろん、博多人形の修理や修復、家族や友人に似せた人形を作成する「博多そっくり人形」などのサービスも行っており、お祝いや贈り物として人気を集めています。


魅力あふれる福岡の工芸品

今回は博多の工芸品3つをご紹介しましたが、福岡にはほかにも魅力的な工芸品が数多く存在します。中でも経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されているものは、すでに説明した博多織、博多人形を含め、焼き物では小石原焼と上野焼、織物では久留米絣、また八女の桧や杉を使った八女福島仏壇、柔らかな灯りが魅力の八女提灯の7つとなっています。また、知事指定特産民工芸品を含めるとその数は30以上にのぼり、染め物から人形、瓦や鋏、まり、独楽、漆器、凧にガラスなどと種類も様々です。 その土地の自然、風土、歴史、文化がかたちとなったものが工芸品です。福岡には観光名所やグルメなどたくさんの楽しみがありますが、この街を訪れた際は一度これらの工芸品に注目してみてはいかがでしょうか。きっと新鮮な発見と驚きがあり、福岡の街をいっそう深く知ることが出来るはずです。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_365278835 ショッピング天国ハワイでお土産選び
    SHOPPINGTIPS
  2. shutterstock_357037127 南米のコロンビアは見どころがいっぱいの国!
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_339193550 グルメの街久留米で 食を楽しもう
    FOODTOWN
  4. kgsm_island_img1 亜熱帯の楽園 鹿児島の離島の魅力
    SPOTTOWN
  5. railroad_img1 長距離移動が多いイタリア 正しい鉄道の乗り方
    TIPSTOWN
  6. カードホルダー付きのポケットが2つあるのでお金の用途別に使い分けに便利。大満足の内容量!クラッチウォレット カードホルダー付きのポケットが2つあるのでお金の用途別に使い分け…
    PRSHOPPING
  7. 遺跡の宝庫、ローマ観光のおすすめスポット 遺跡の宝庫、ローマ観光のおすすめスポット
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_170923304 フランクフルトの旅行ガイド
    TOWN
ココマチギフト

新着記事