ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TREND > 聖夜へ向けて心躍る、ドイツのクリスマスマーケット

CULTURETREND

聖夜へ向けて心躍る、ドイツのクリスマスマーケット

CULTURETREND 投稿者: ココマチ編集部
237_1_christmasmarket_img1

11月末になると、ドイツでは各都市でクリスマスマーケットが開かれます。その数は全土で2,500以上にもなるといわれています。街の中心にある広場ではいくつもの屋台が軒を連ね、クリスマスの飾りつけで華やかに彩られます。グリューワインやレープクーヘンを味わいながら、屋台めぐりをするのもいいでしょう。夕方になると陽が落ち、変わって点灯されるイルミネーションの輝きはとても幻想的です。
ドイツには代表的な都市がいくつもありますが、クリスマスマーケットでとくに知られている都市が3ヶ所あります。まずはシュトゥットガルトです。200とも300とも言われる屋台が立ち並ぶ、ドイツ国内で最も大きなマーケットです。次は最も有名なマーケットといわれているニュルンベルクです。最後はドレスデンで、開かれるクリスマスマーケットは国内でも古い部類に入ります。


クリスマスマーケットのシンボル、クリスマスタワー

クリスマスが近づいてくるアドベントになると、ドイツの各都市ではクリスマスマーケットが開かれます。中央広場にはきらびやかな飾りつけをした屋台が立ち並び、シナモンやアーモンドのかぐわしい香りと、ソーセージのこうばしい香りがどこからともなくただよってきます。地元住民やクリスマスマーケットを目当てにやってきた観光客でごった返す、ドイツの冬の風物詩ともいえる光景です。 もともとは厳しい冬が訪れる前の、最後の買い物のチャンスだったといわれるマーケットですが、今では一大イベントとして開かれています。このクリスマスマーケットの象徴ともいえるのがクリスマスタワーです。大規模なマーケットになると、広場の中心にさまざまな飾りつけをした仮設の塔が設置されます。タワーの大きさや装飾はそれぞれのマーケットで異なるので、各都市を見比べてみるのもいいでしょう。


美味しい伝統、シュトレン

クリスマスが近づいてくると、日本のパン屋でもお目にかかるようになったのがシュトレンです。ドイツ語の発音ではシュトレンが正解というこのパンは、生地にレーズンやレモンピールなどを混ぜ込んで焼き上げます。レシピによってはナッツやバター、マジパンを入れるものもあります。ずっしりとした重量感のあるパンで、表面に粉砂糖をまぶし、白く仕上げます。おくるみに包まれた幼子イエスを表しているといわれています。 作り立てよりも日数を置いたもののほうが、レーズンなどの香りがパンにしみこんで美味しくなります。クリスマスまでの間に、少しずつ薄く切って食べるのが、食べ方といわれます。ドレスデン発祥というのが一般的で、12月初めころになると、巨大なパンが街を練り歩くお祭りが開催されます。事前に引換券を購入しておけば、切り分けたパンにありつくことができます。


クリスマスの必須アイテム、クリッペ

クリスマスに欠かせないオーナメントとしてあげられるのが、クリッペです。クリッペとはドイツ語で飼い葉おけを意味します。飼い葉おけをゆりかごにしたというキリストの生誕シーンを人形の置物で表現したものです。サイズは家庭で飾れる小さなものから、等身大までいろいろな大きさがあり、素材も木彫りのものからガラス、陶器とさまざまなものがあります。その起源は15世紀とも16世紀ともいわれており、当時クリッペを手にできたのは貴族や富裕層など限られた人たちだけでした。 一般的にはキリストが誕生した場所と伝えられる家畜小屋を背景にして、幼子イエスを中心に、マリアとヨセフ、メルキオール・バルタザール・カスパールの東方三博士と、天使やヒツジ、羊飼いなどがモチーフになります。毎年、アドベントの時期に少しずつ買い揃えていきます。


心浮き立つ、クリスマスまでのお楽しみ!

アドベントの語源はラテン語で、到来を意味しています。11月30日に一番近い日曜日から始まり、12月24日のクリスマスイブまで続きます。キリストの誕生を待ち望む期間です。ドイツを中心として、ヨーロッパではクリスマスマーケットが開かれる賑やかな時期にもなります。この頃に食べられるシュトレンや欠かせないレープクーヘン、プリンテンといった焼き菓子、身体を温めてくれるグリューワインなどのグルメな楽しみのほかに、都市によってはクリスマスマーケットにメリーゴーランドや小さな観覧車が登場します。 大人から子どもまでが楽しめるクリスマスマーケットですが、ニュルンベルクやドレスデン、シュトゥットガルトへのツアーが組まれているほか、近年では日本でも開催する都市が現れています。本場ドイツまでいって楽しむもよし、日本にいて雰囲気を楽しむのもいいのではないでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_333960704 ルーマニアの観光スポットで、中世の歴史に触れる
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_331780052 「魔女の宅急便」のモデルになったエストニア・タリンの街
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_249004402 仏教とヒンドゥー教の聖地、カトマンズ
    CULTURETOWN
  4. shutterstock_490480324 2016年秋の国内旅行は四国が人気!
    TIPSTREND
  5. shutterstock_184237955 八幡宮の総本宮 宇佐神宮|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_361544840 2016年上半期の人気の温泉ベスト3
    TIPSTREND
  7. shutterstock_314261882 ピザを生んだイタリア南部の町ナポリ
    CULTUREFOOD
  8. shutterstock_68171440 ホテルで最上級のおもてなし 人気のクラブフロア3選
    TIPSTREND

新着記事