ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > オーストリアの文化都市、グラーツを観光する

SPOTTOWN

オーストリアの文化都市、グラーツを観光する

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_295081289

オーストリア第二の都市であるグラーツは、その旧市街が1999年に世界遺産に登録されているという歴史情緒あふれる街。ヨーロッパ有数の大学都市で学生や研究者が多く住んでおり、博物館や美術館も豊富な文化的都市でもあります。中世の建築物が多く残る街並みは、見ごたえ抜群の観光スポットにあふれているというグラーツ。今回はその中から中央広場、二重螺旋階段で知られる王宮跡、世界遺産に追加登録されたエッゲンベルク城の3ヶ所についてご紹介します。


街の中心的存在、中央広場

グラーツの旧市街は非常に保存状態が良く、オーストリアでも随一の歴史地区となっています。その中心となっているのが中央広場で、グラーツの街路はみなこの広場に通じているのだそうです。中世初期に市場ができたことに始まって、現在は場所的な要素だけでなく観光の拠点としての意味でも街の中心的存在。この広場を取り囲む建物は古い歴史を持つものが多く、中でも19世紀に建てられた市庁舎は建築当時そのままの姿を今に残しています。


王宮跡にひっそりとたたずむ、二重螺旋階段

現在はシュタイヤマルク州立政府の建物として使われている王宮跡は、注意深く見ていないと見逃してしまうほど質素で、周囲に溶け込むようにたたずむ建築物です。見どころは最初の中庭の奥にある二重螺旋階段で、ゴシック末期の傑作といわれるもの。こちらも案内の看板などが存在しないため目立つ存在ではありませんが、複雑に絡み合った螺旋階段とゆがんだ窓ガラスによって不思議な感覚に誘われる空間です。そばにあるカテドラルの観光のついでに立ち寄ると良いでしょう。


宇宙を表現する城、エッゲンベルク城

グラーツの歴史地区は1999年に世界遺産に登録されましたが、その後2010年に郊外にあるエッゲンベルク城も追加登録となっています。この城は17世紀に当時の帝国内務長官が建てたもので、4本の柱が4大元素を表すなどこの宇宙全体をモチーフとして造られているのだそうです。また城内には豊臣秀吉時代の大阪城とその城下町が描かれた屏風絵が残っていて、これを縁にエッゲンベルク城と大阪城は友好提携をしているというエピソードもあります。


グラーツでルネサンス建築観光に浸ろう

グラーツの観光スポットについて、中央広場、王宮跡、エッゲンベルク城の3ヶ所をご紹介しました。グラーツは15世紀にハプスブルク家の居城が置かれたこと、オスマン帝国への対抗拠点としてイタリアから建築家が招かれ、城塞都市として発展したことから、多くのルネサンス建築物が残されている街です。そのため、ご紹介した3ヶ所の他にもまだまだ見どころある観光スポットはたくさんあります。ウィーンから約150キロとアクセスも良いので、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. winter_img1 その時期だからこその楽しみがある冬のヨーロッパ旅行
    TIPSTOWN
  2. shutterstock_101370463 押さえておきたい、パリの超定番観光スポット
    SPOTTOWN
  3. DSC00519[1] 宮﨑駿の「えどまる」が目じるし。江戸東京たてもの園は、三世代で楽…
    SPOTTIPS
  4. 日本人に人気の旅行先、シンガポールの観光スポット 日本人に人気の旅行先、シンガポールの観光スポット
    SPOTTOWN
  5. 同里古鎮 1,000年の歴史を持つ水郷の街「蘇州・同里古鎮」
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_526906396 エキゾチックな魅力にメロメロ!イスタンブールの人気土産物
    SHOPPINGTOWN
  7. 306_1_powerspot_img1 台湾・台北で必ず行きたいパワースポット3選
    SPOT
  8. image ドイツの大都市、フランクフルトの観光スポット
    SPOTTOWN

新着記事