ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 筥崎宮 九間社流造の端然な社

CULTURESPOT

筥崎宮 九間社流造の端然な社

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
pixta_2967121_S

福岡県福岡市東区箱崎にお鎮まりあそばされます筥崎宮は、筥崎八幡宮とも称されます。大分県宇佐市の宇佐神宮と京都府八幡市の石清水八幡宮と合わせて、日本三大八幡宮のひとつとされています(筥崎宮の代わりに神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮を加えて、宇佐神宮・石清水八幡宮と合わせて日本三大八幡宮とする場合もあります)屋根が反り返るように曲線を描きながら前方に伸びて向拝(こうはい)となる神社の造りを、「流造」(ながれづくり)といいます。正面から見て2本の柱が立っているその間がひとつであれば、「一間社流造」(いっけんしゃながれつくり)といい、筥崎宮はこの一間社流造の社殿が五社繋がれており、「九間社流造」(きゅうけんしゃながれづくり)と呼ばれる大変珍しい建築方式です。檜皮葺(ひわだぶき)に、端正な趣が漂う社殿です。


亀山上皇の想いが宿る伏敵門

『筥崎宮縁起』によりますと、延喜21年(西暦921年)第60代醍醐天皇に八幡大神より、筑前国穂波郡に御鎮座あそばされいた大分宮遷座の神勅が下ります。社殿を新しく建立し、醍醐天皇が「敵国降伏」の御宸筆(ごしんぴつ)を下賜あそばされました。延長元年(923年)御遷座あそばされ、筥崎宮としてお鎮まりあそばされたのが創祀です。宸筆とは、天皇自筆の文書です。紺紙に金泥で鮮やかに書かれた御宸筆は、筥崎宮の神宝として奉斎されております。文永11年(西暦1274年)蒙古襲来の折、社殿が炎上。再興にあたり、第90代天皇であらせられた亀山上皇が「敵国降伏」の扁額(へんがく)を掲げて祈願をされ、御神威のおかげか日本軍は元軍に討ち勝ったのです。扁額は今も楼門に掲げられ、あらゆる災難・海難から日本を守っておられます。


博多三大祭りの放生会大祭

毎年9月12日~13日にかけて行われる筥崎宮放生会大祭(はこさきぐうほうじょうやたいさい)は、春の博多どんたく・夏の博多祇園山笠と並んで、博多三大祭りの1つに数えられています。そもそも放生会(ほうじょうえ)とは、仏教の「不殺生戒」(ふせっしょうかい)を元に生まれた、殺生を戒める宗教儀式のことです。このような仏教儀式が筥崎宮の式典に取り入れられたのは、様々な戦が行われた平安~鎌倉時代に八幡神より「合戦の間多く殺生す、よろしく放生会を修すべし」との御神託が下ったことが始まりです。万物の生命を慈しみ、不要な殺生を戒め、秋の実りに感謝する放生会大祭が、御神託に則り行われることになりました。筥崎宮放生会大祭は千年以上にわたって続いている、生きとし生けるものたちへの感謝と鎮魂、そして戒めの祭典なのです。


三皇子に分治させた天皇

御祭神は八幡大神と称される第15代応神天皇、応神天皇の母君であらせられる神功皇后、初代神武天皇の母君であらせられる玉依毘売(たまよりびめ)です。応神天皇は軽島之明宮(かるしまのあきらのみや)に都を定め、天下を治められました。宮の場所は諸説ありますが、奈良県橿原市大軽町の春日神社であるとされており、境内にはその碑が建っております。応神天皇は沢山の御子のうち、大山守命(おおやまもりのみこと)に山や海の政(まつりごと)を、大雀命(おおさざきのみこと)に国の政を、宇遅能和紀郎子(うぢのわきいらつこ)に皇位を継いでこの国を知らす(統治する)よう仰せになります。役割分担をすることで緻密な政を行い、人民の生活を豊かにして、強く国を守ろうとなさいました。今は護国の神として、変わらず私達を見守っておられます。


神風で日本を護った八幡大神

文永11年(西暦1274年)と弘安4年(西暦1281年)と2度にわたり、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(大元ウルス)と高麗王国の連合軍が日本に攻めてきました。『八幡愚童訓』には、蒙古襲来における八幡大神の活躍が次のように記されています。苦戦を強いられ日本軍が撤退した時、八幡大神の化身と思われる白装束の男性30人が筥崎宮より飛び出し、元軍に矢を射始めました。元軍が海に逃げ出すと、今度は突如兵船2艘現れ襲い掛かりました。さらに沖に逃げた船に大風が吹きつけ、元軍はたまらず自国へ逃走しました。事実がどうあれ、日本は元寇に二度とも打ち勝ち、日本らしいこの豊かな自然の恵みを享受しております。この国を護ろうとなさった八幡大神の神風は、今も変わらぬひとつの真実として、私達日本人の胸に息づいているのです。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. oasis_img1 サハラ砂漠の広がるモロッコにある、豊かなオアシスの街
    SPOTTOWN
  2. 269_1_miso_img1 大豆の恵みたっぷり!味噌の魅力
    CULTUREFOOD
  3. shutterstock_322862648 コペンハーゲンにある世界最古の遊園地、チボリ公園
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_167952836 神々が宿る聖地「アンコールワット」
    CULTURESPOT
  5. image 東西の文化が混ざり合う魅惑の街、イスタンブールの観光スポット
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_526230070 全国にこんなにある!鉄道に関する博物館
    SPOTTREND
  7. shutterstock_112513559 スコットランドの首都エディンバラを観光しよう
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_264154727 静謐な輝きが美しい…世界に点在する青の洞窟3選
    SPOTTIPS

新着記事