ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TREND > 利便性抜群!羽田空港からLCCでアジアへGO!

TIPSTREND

利便性抜群!羽田空港からLCCでアジアへGO!

TIPSTREND 投稿者: 吉川由美
shutterstock_284735495

都心からアクセスしやすく、地方からの乗り継ぎも容易な羽田空港は、海外への出発拠点としても便利な空港です。国際線は24時間運航が可能で、深夜から早朝にかけてはLCCと呼ばれる格安航空会社が多く運航しています。2016年10月現在、エアアジアX、香港エクスプレス航空、春秋航空、ピーチ・アビエーション、タイガーエアー台湾の5社が、クアラルンプール、香港、上海、台北、ソウルの5都市に就航しています。その中から人気路線を持つ3社をご紹介しましょう。


羽田発着の唯一の東南アジア線 エアアジアX

エアアジアXは羽田に乗り入れた初のLCCで、クアラルンプールとの間を毎日往復しています。羽田発は深夜、クアラルンプール発は午後で、観光客、ビジネス客双方に便利なスケジュールとなっています。航空界のオスカーと言われる「ワールド・エアライン・アワー ド」において、ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン・プレミアム・キャビン賞とプレミアム・シート賞を4年連続受賞、ナシレマやミーゴレンなどマレーシア料理の有料の機内食も好評です。


ネットワーク拡大 香港エクスプレス航空

香港エクスプレス航空は香港唯一のLCCで、羽田~香港を毎日2往復しています。羽田発が早朝と深夜、香港発が夕方と深夜のため、組み合わせによっては日帰りや0泊2日の弾丸旅行も可能となり香港がより身近になりました。中国の雲南祥鵬航空(ラッキーエア)、烏魯木斉航空(ウルムチ航空)、西部航空、韓国のイースター航空の5社と世界初のLCCアライアンス「U-FLY」を結成、アジア96都市にネットワークが広がっています。


中国最大のLCC 春秋航空

春秋航空は上海虹橋国際空港を拠点にする中国初、最大の民営格安航空会社です。羽田から月・火・木・土曜日、上海浦東空港から月・水・金・日曜日の週4日運航し、上海を起点に43路線の国際線、90路線の国内路線に乗り継げます。LCCには珍しく受託手荷物が無料で、一般クラスは機内持込手荷物と受託手荷物の合計がひとり15kgまで(機内持込みは5kgまで)持ち込みが可能です。


羽田空港から気軽にアジア旅行

羽田は都心から近いため、LCCの乗り入れにより、仕事が終わったその足で深夜にアジアに飛び立つという旅行スタイルが定着しました。LCCが就航していない地方都市からも国内線を使えば楽にアクセスできるので、日本全国から手軽にアジア旅行が楽しめます。深夜から早朝にかけての発着枠はまだ余裕があるので、今後もLCCの就航拡大に期待したいですね。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 292_1_image アメリカでは「メリークリスマス」が禁句ってホント!?
    CULTURETREND
  2. shutterstock_131468039 旅行先の景色を堪能できる少し変わった展望台
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_291969578-830x460 洋菓子の文化が花開いた神戸スイーツ
    FOODTIPS
  4. shutterstock_513704470 秋はレジャーの季節!関東のおすすめドライブスポット
    SPOTTIPS
  5. image 宍道湖名産 宍道湖七珍の謎に迫る
    FOODTIPS
  6. shutterstock_142141363 東京イルミネーション2016!夜空を彩るきらきらスポット3選
    SPOTTREND
  7. shutterstock_210080302 辛口が主流のドイツワインの銘柄3選
    FOODTIPS
  8. taiwang1 中台分裂後で初の首脳会談 思惑と台湾問題をわかりやすく解説
    TREND
ココマチギフト

新着記事