ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > ハノーバー選帝侯のお膝元、ハノーバーの観光スポット

SPOTTOWN

ハノーバー選帝侯のお膝元、ハノーバーの観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_295928423

後年、イギリス国王となるジョージ1世のふるさと、ハノーバーはドイツ北西部に位置するニーダーザクセン州の州都です。ハノーバー選帝侯のお膝元として栄え、現代でも人口50万人を擁する大都市として、ドイツ主要都市のひとつに数えられています。
商工業が盛んな街として知られていますが、観光名所も多数あります。その中から「市庁舎」「ヘレンハウゼン王宮庭園」「ニーダーザクセン州立博物館」の観光スポットについて紹介します。


ハノーバーの市庁舎はお城のような外観

1901年から1913年まで、実に12年もの工期をかけて完成したハノーバーの市庁舎は、建設費用に1000万マルク以上もの大金をつぎ込んだといわれている建物です。その外観はお城のような豪華な作りをしており、巨大なエントランスホールの高さは38メートルもあります。 また天井のドーム部分にある展望台からは天気が良ければ南西にあるハルツ山を望むことができるため、旅行者のみならず市民にも人気の観光スポットです。


ヨーロッパで最も美しいといわれるヘレンハウゼン王宮庭園

バロック風庭園のヘレンハウゼン王宮庭園は、17世紀末から18世紀初めにかけて完成した広大な庭園です。時のハノーバー選帝侯妃ゾフィーによって作られ、その素晴らしさと美しさはヨーロッパ随一ともいわれています。 3万本からなる夏の花や白い砂岩で作られた彫像などが置かれたグローサー・ガルテン、82メートルの大噴水や大型カスケード、金色の彫像で彩られたバロック庭園など、4つの庭園で構成されており、見ごたえ十分です。


多岐にわたる収蔵品を収めるニーダーザクセン州立博物館

マシュ湖のほとりにあるニーダーザクセン州立博物館は、150年以上の歴史がある博物館です。博物学や考古学といったコレクションを収めているほか、9世紀以上にもわたる時代の絵画や彫刻なども展示しています。見どころはレンブラントやルーベンスといった画家のコレクションです。 また、ガイド付きのツアーや講演会もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。ショップも併設されているので、お土産品を見てみるのもいいですね。


観光にもおすすめなハノーバー

ハノーバーの観光スポット「市庁舎」「ヘレンハウゼン王宮庭園」「ニーダーザクセン州立博物館」の3ヶ所について紹介しました。いかがでしたでしょうか。 ハノーバーは世界最大のコンピューター見本市が開かれたり、同じく世界最大規模の国際産業技術見本市が開かれたりと、商工業の街として見られがちです。ですが、上記のような名所にも恵まれた観光地でもあるのです。北ドイツを訪れたなら、ハノーバーまで足を延ばしてみるのもおすすめですよ。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_328747001 定番観光スポット満載の人気都市、サンタモニカ
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_322562630 ケルトの自由な魂を感じられる街、ダブリンオススメスポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_493490875 秋の味覚の王様!松茸狩りにおすすめのスポット
    FOODSPOT
  4. 263_1_movie_img1 大好きな映画の世界に浸ってみたい!海外のロケ地巡り
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_428604085 ショッピングを楽しめるおすすめの国
    SHOPPINGTOWN
  6. フランスの中のドイツ 世界遺産ストラスブールの旧市街 フランスの中のドイツ 世界遺産ストラスブールの旧市街
    SPOTTOWN
  7. アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット
    SPOTTOWN
  8. 観光ついでに浸かりたい!異国情緒あふれるヨーロッパの温泉3選 観光ついでに浸かりたい!異国情緒あふれるヨーロッパの温泉3選
    CULTURESPOT

新着記事