ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SHOPPING, TIPS > 根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい

SHOPPINGTIPS

根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい

SHOPPINGTIPS 投稿者: ココマチ編集部
根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい

日本で北欧雑貨の人気に火が付いたのは、2006年に公開された「かもめ食堂」ではないでしょうか。暖かいストーリーやフィンランドの景色とともに、小林聡美演じる食堂の女性オーナーがまとっていたマリメッコのワンピースやアラビアやイッタラの食器に魅了された人は多かったはず。ゆったりとくつろげる雰囲気を演出する北欧テイストのインテリアや北欧ブランドのテキスタイル、そして、北欧雑貨の人気は今も根強く続きたくさんのファンがいます。マリメッコのウニッコは日本でもだれもが知っているくらい有名な花柄ですが、フィンランドにはほかにもすてきなテキスタイルを提供するデザイナーがいます。今回は、胸がときめくテキスタイルを生み出すブランドを3つ紹介します。


優しい色味で癒される Kauniste(カウニステ)

小鳥のロゴマークがかわいらしいテキスタイルブランドのKauniste(カウニステ)。カウニステは2008年にフィンランドのヘルシンキで誕生しました。テキスタイルデザイナーと、クラフトマンと呼ばれる職人が作り出すテキスタイルは、パステルカラーやグレイッシュトーンの優しい色合いが多いです。お砂糖という意味で、楕円を半分にした形が並んでいる「Sokeri」(ソケーリ)、ドライフラワーを集めたポプリの花々をモチーフにしたPotpourri(ポプリ)、さまざまな鳥をモチーフにしたフィンランド語で「歌い鳥」という意味のLaululinnut(ラウルリンヌット)などが人気です。自然や生活をモチーフにした優しい色味の柄は、眺めているだけでとても癒やされます。


モダンな北欧インテリアが好きならJohanna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)

インテリア業界で人気のテキスタイルブランドがJohanna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)です。ブランドの名前を知らなくても、2色でおられた幾何学模様のパターン「ノルマンディコレクション」を見れば分かるはず。Johanna Gullichsenはヘルシンキ大学で文学や語学を学んだあとに、芸術家たちを輩出しつづける伝統校ボルヴォーの工芸学校で、手織りの技術を学びました。現代的デザインと古くからの工芸技術が織りなすテキスタイルは織物ならではの高級感があり、クッションやソファで取り入れると、インテリアが一気にモダンな北欧テイストに仕上がります。また、コースターやプレイスマットなどダイニングを彩るグッズも充実しています。


新進ブランドながらほっこりと懐かしい SAANA JA OLLI(サーナ・ヤ・オッリ)

テキスタイルブランド「SAANA JA OLLI(サーナ・ヤ・オッリ)」は「サーナとオッリ」という言う意味で、夫婦であるデザイナー2人の名前です。音楽のイベントを通じて知り合った2人は大量生産で長持ちしない商品が多い現代のマーケットに疑問を持ち、長く使えるプロダクトを提供したいというコンセプトで2008年にブランドを立ち上げました。自然豊かなフィンランド南西部の年トゥルクを拠点として、フィンランドの森に生きる動物や自然をモチーフとしたテキスタイルをリリースしています。ヘンプ(麻)素材を使用しているのでプロダクトはほっこりと柔らかいイメージ。新進ブランドながら、昔からあるような懐かしい味わいがあります。


お気に入りの北欧雑貨ブランドで自分らしい北欧スタイルを

今回は、北欧雑貨が好きな方にはたまらないフィンランドのテキスタイルブランドを3つ紹介しました。Kauniste(カウニステ)は優しい色味でかわいく、Johanna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)はシンプルでモダン、SAANA JA OLLI(サーナ・ヤ・オッリ)はレトロでナチュラルな味わいとそれぞれ個性的で魅力的です。クッションやプレイスマットなど、リビングやダイニングにマッチするアイテムも素敵ですが、布で買ってオリジナルアイテムを作るのも楽しいですね。それぞれのブランドからさまざまなテザインの柄がリリースされていますので、ぜひお気に入りのブランドと柄を見つけて自分らしい北欧スタイルを作ってくださいね。

北欧雑貨特集


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. currency_img1 旅行者に便利な通貨ユーロを導入しない国々
    TIPSTREND
  2. shutterstock_378831622 コペンハーゲンの至宝 国王クリスチャン4世が愛したローゼンボー離…
    SPOTTIPS
  3. camino-real-mexico-city[1] 博物館に泊まるような気分を味わえる、カミノ・レアル・ポランコ・メ…
    TIPSTREND
  4. shutterstock_210080302 辛口が主流のドイツワインの銘柄3選
    FOODTIPS
  5. 知られざる絶景スポットが目白押し!グルメだけではない台湾の魅力 知られざる絶景スポットが目白押し!グルメだけではない台湾の魅力
    SPOTTIPS
  6. image 何を買おうか迷っちゃう!中央ヨーロッパのお土産特集
    CULTURESHOPPING
  7. horizontal view of Lyon and Saone River in France 美食とシルクの街 フランスの世界文化遺産リヨンの楽しみ方
    TIPSTOWN
  8. shutterstock_291969578-830x460 洋菓子の文化が花開いた神戸スイーツ
    FOODTIPS
ココマチギフト

新着記事