ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 妙なる五十鈴の宮|神のやしろを想う 神社紀行

CULTURESPOT

妙なる五十鈴の宮|神のやしろを想う 神社紀行

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_206738170

天にましまして照りたもう天照大御神(あまてらすおおみかみ)が御鎮座あそばされる伊勢神宮(内宮)は、正式には皇大神宮と称します。境内には御正殿の他に、2つ別宮が御鎮座あそばされています。1つは、天照大御神の荒御魂(あらみたま)を祀る荒祭宮(あらまつりのみや)です。もう1つは志那都比古神(しなつひこのかみ)で、日本書紀では級長戸邊命(しなとべのみこと)またの名を級長津彦命(しなつひこのみこと)と称される神を祀る風日祈宮(かざひのひのみや)です。志那都比古神は元寇の折、神風を吹いて日本をお守りたもうた風神です。他に五十鈴川御手洗場付近に、社殿を持たない滝祭神(たきまつりのかみ)が御鎮座あそばされています。滝祭神は、五十鈴川守護する水の神です。参拝は、滝祭神→風日祈宮→御正殿→荒祭宮の順に行います。


三貴子の1柱である日の神

天照大御神は、天津神々がお住まいになる高天原(たかあまはら)を統治する神様です。天照大御神が誕生し、統治するに至った経緯は次の通りです。夫婦の祖神である伊邪那岐命(いざなきのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)は、沢山の国々と神々を生みました。しかし火の神を生んだことで伊邪那美命は病を得て、神避り(かむさり)あそばされてしまいます。伊邪那岐命は妻を連れ戻すため黄泉の国に訪れますが、妻の変わり果てた姿に逃げ帰ります。その後筑竺の日向で禊祓いをなさいます。左の御目を洗われた時成られたのが、天照大御神です。伊邪那岐命は首にかけていた珠を揺らして音を奏でながらこれを授け、天照大御神に「高天原を知らせ(統治しなさい)」と仰せになります。こうして天照大御神は誕生し、高天原を知らす神となられたのです。


天照大御神を祀るために生まれた社

天照大御神はある時、孫の邇邇藝命(ににぎのみこと)に地上を知らすよう仰せになりました。そして邇邇藝命が降臨するにあたり、天兒屋命(あめのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとたまのみこと)、天宇受売命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのおやのみこと)と五伴緒(いつとものを)を付き従わせます。そして三種の神器、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・八咫鏡(やたのかがみ)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)をお渡しになり、八咫鏡を天照大御神の形代としてよく祀るよう仰せになります。邇邇藝命は佐久久斯侶 伊須受能宮(さくくしろ いすずのみや)を建て、御鏡をお祀り致しました。現在八咫鏡は御神体として内宮に奉安されており、その複製が皇居の賢所(かしこどころ)に奉安されています。


天照大御神に選ばれた伊勢

古事記では、邇邇藝命により伊須受能宮が創祀、第11代垂仁天皇の皇女である倭比売命(やまとひめのみこと)が伊勢大神宮(いせのおほかみのみや)をお祀りした、とされています。日本書紀では、次のように書かれています。倭姫命(やまとひめのみこと)が大神がお鎮まりあそばされる地を求めて大和国を出発し、菟田の筱幡、近江国、美濃と巡って伊勢国に訪れます。すると大神が「伊勢国は、常世の国からやってくる浪が繰り返し寄り来る国であり、大和に近い美し(うまし)国。この国にいたいと思う」と仰せになりました。それで祠(やしろ)を建立し、さらに五十鈴川の川上に斎宮(いわいのみや)を建立します。磯宮(いそのみや)と称されるこの斎宮が、伊勢神宮(内宮)です。倭比売命は初代の斎王となり、以後代々皇族の女性が斎王を務めています。


日本の原点が息づく神宮

社伝によると、それまで宮中で八咫鏡をお祀り申し上げておりましたが、第10代崇神天皇はお側でお祀りすることに恐れを抱かれ、笠縫邑(かさぬいむら)に御遷座あそばされます。さらに崇神天皇の娘である豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)が、天皇に代わってお仕え致しました。やがて第11代垂仁天皇の御代になり、大神をお祀り申し上げるのにより相応しい地を探し求めて、倭姫命が旅の果てに伊勢神宮(内宮)へと辿り着きます。大神の教えに忠実に、八咫鏡を御神体として奉斎致しましたのが今から約2000年前です。伊勢神宮は、現代に生きる神話の地です。天照大御神は皇族の祖神として、また日本人の総氏神様として、日本の国と私達人民(おおみたから)を見守られながら、今も昔もこの尊い宮でお鎮まりあそばされているのです(黒木 蜜)


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 東南アジアの代表国、マレーシアを観光しよう 東南アジアの代表国、マレーシアを観光しよう
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_322562630 ケルトの自由な魂を感じられる街、ダブリンオススメスポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_294917270 世界が注目するヨーロッパのアイランドリゾート
    SPOT
  4. shutterstock_177943157 チェコが誇る世界遺産!世界最大の城「プラハ城」
    CULTURESPOT
  5. IMG_20161126175949_353035715_medium パリを離れてショートトリップ!世界遺産の街と副都心
    SPOTTOWN
  6. 291_1_image 本場ドイツの盛大なクリスマスについて
    CULTURETOWN
  7. 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう! 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう…
    SPOTTOWN
  8. 295_1_omisoka_img1 大晦日はイベントの日? 年越し行事
    CULTURETREND

新着記事