ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 一度は詣でたい 日本人の心のふるさと「伊勢神宮」

CULTURESPOT

一度は詣でたい 日本人の心のふるさと「伊勢神宮」

CULTURESPOT 投稿者: 吉川由美
一度は詣でたい 日本人の心のふるさと「伊勢神宮」

「お伊勢さん」「大神宮さん」などと親しみをこめて呼ばれ、古来より日本人の憧れの地であった伊勢神宮。正式名称は「神宮といい、皇室の祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮(皇大神宮と衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神(とようけおおかみ)を祀る外宮(豊受大神宮の2つの正宮と14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社の125の宮社から成ります。鎌倉時代に伊勢参りと呼ばれる参詣が一般化し、江戸時代中期になると五街道などの交通網の発達で、「おかげ参り」「ぬけ参り」がブームとなり、人々はお伊勢講という積み立てをして一生に一度はと伊勢神宮を目指しました。その思いは時が流れても変わらず、現在も日本全国から多くの人が伊勢詣でに参じています。


伊勢神宮の歴史

その歴史は今から2000年前に遡ります。八坂瓊勾玉(やさがにのまがたま)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)とともに三種の神器と称される八咫鏡(やたのかがみ)は天照大御神の神霊を込めたご神体として奈良の都、皇居内で祀られていましたが、第10代崇神天皇の代に大和の笠縫邑(かさぬいむら)に移され、その後、御杖代(みつえしろ=杖の代わりとなって神さまに仕える方)となった第11代垂仁天皇の皇女である倭姫命(やまとひめのみこと)がさらに理想の鎮座地を求めて旅に出ました。大和から伊賀、近江、美濃の国を経由し伊勢の国に着いた時に皇大御神のお告げを聞き、五十鈴川の上流に磯宮という祠を建てたのが皇大神宮の始まりといわれています。その約500年後、天照大御神の食事を司る神、豊受大神宮が丹波国の比沼の真奈井原から内宮近くの山田の原へ遷座されて、現在に至ります。


お伊勢参りのいろは

伊勢神宮は古来から外宮、内宮の順に詣でるのが慣わしで、さまざまな祭事も「外宮先祭」で行われます。正宮を参拝した後は第一別宮に詣で、その後、内宮は荒祭宮→風日祈宮→月読宮、外宮は多賀宮→土宮→風宮の順に参拝するのが一般的です。天照大御神と豊受大御神は、荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる荒魂(あらみたま)と穏やかな働きをされる和魂(にぎみたま)という2つの異なる霊魂を持っておられ、正宮は静の和魂、第一別宮は動の荒魂を祀っています。また外宮、内宮の片方だけのお詣りは「かた詣り」といわれ、不作法とされています。参道の真ん中を歩くのもマナー違反で、中央は神様が通る道とされ、外宮は左側通行、内宮は右側通行と決められています。鳥居の前で軽く一礼し、手水舎で手と口を清めたあと、「2拝・2拍手・1拝」で参拝し、正宮では神様に日々の感謝を伝え、個人的な願い事は第一別宮でしましょう。


内宮のパワースポット 「月読宮」「子安神社」

霊験あらたかな伊勢神宮はそこに行くだけで強力なパワーを得られるとされ、内宮には女性に嬉しいご利益を授かれる神社があります。別宮「月読宮」は、夜之食国(よるのおすくに)をお治めになる天照大御神の弟神の「月読尊(つきよみのみこと)」をお祀りし、天照大神の両親の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神も祀られていることから、恋愛成就、良縁、夫婦円満などにご利益があるといわれています。4つの宮が並んで鎮座し、月読宮→月読荒御魂宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈弥宮の順でお参りするのが正式ルートで、参道にあるハート型の切り株をみつけると恋愛運が上がるとも言われています。木華開耶姫命(このはなさくやひめみこと)を祀っている子安神社は、猛火の中で火照命(ほでりのみこと)・火須勢理命((ほすせりのみこと)、火遠理命(ほおりのみこと)の3子を出産したとされる神話から、安産、子授け、縁結び、厄除けにご利益があると言われています。詣でたら、小型の鳥居に氏名やお願いを書き込んで奉納しましょう。


参拝で心を浄化

毎月1日、伊勢神宮は「朔日詣り(ついたちまいり)」をする人々で賑わいます。いつもより早く起き、無事に過ぎた1カ月に感謝し、新しい月の無事を祈る風習で、門前町のおはらい町にあるおかげ横丁の「すし久」では朔日朝粥、伊勢を代表する銘菓「赤福」では朔日餅という1日限定の月替りの特製餅を販売しており、早起きのご褒美として大人気です。参拝の際に伊勢神宮について知識を深めたい方には、地元のボランティアの皆さんによる「お伊勢さん観光ガイドの会」でガイドさんを頼むのもお勧めです。外宮は約60分、内宮は約90分、両方だと約3時間、無料で案内してくださいます。2013年に行われた20年に一度の式年遷宮や2016年5月に開催された伊勢志摩サミットでG7首脳も訪れるなど最近は注目度もアップし、パワースポットとしても人気上昇中で、一度と言わず何回でも訪れたい場所です。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_300119723 ロシア最大の連邦市モスクワの定番観光スポット
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_271297691 白と青のコントラスト!ヨーロッパの白い家の街
    SPOT
  3. shutterstock_246376318 海と浜辺だけではないヨーロッパのビーチの魅力
    SPOT
  4. DSC00767 絶景・奇景の連続!張家界の観光スポット
    SPOTTREND
  5. shutterstock_216998611 荘厳な雰囲気が漂う石の芸術、アジアの寺院遺跡
    SPOTTOWN
  6. IMG_20161204121710_366675344_medium 世界に羽ばたく、盆栽
    CULTURETREND
  7. shutterstock_331675709 長野の気候風土が育んだ「蕎麦」文化
    CULTUREFOOD
  8. コペンハーゲンおすすめの観光スポットとは コペンハーゲンおすすめの観光スポットとは
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事