ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた?

SPOTTOWN

イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた?

SPOTTOWN 投稿者: 吉川由美
イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた?

旅行先として圧倒的な人気を誇る「世界遺産」。
人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持ち、移動が不可能な遺跡、景観、自然などを対象にしたもので、2016年時点の登録数は1,052件となっています。
建築物や遺跡などは文化遺産、地形や生物多様性、景観美などを備える地域は自然遺産、その両方を兼ね揃えるものは複合遺産に認定され、現在、世界186の国と地域が加盟し、165カ国の国々で保護されています。
その中で最も多くの世界遺産を保有するのはイタリアで、文化遺産47件、自然遺産4件の計51件あり、観光の目玉となって多くの観光客が訪れています。
今回はその中から「アルベロベッロのトゥルッリ」「オルチャ渓谷」「カステル・デル・モンテ城」をご紹介します。


とんがり帽子のような家々が連なる「アルベロベッロのトゥルッリ」

1996年に世界文化遺産に登録された「アルベロベッロのトゥルッリ」は、イタリア南東部プーリア州バーリ県の街、アルベロベッロのアイア・ピッコラ地区とリオーネ・モンティ地区にある、トゥルッリと呼ばれる伝統家屋群と街並みの総称です。
トゥルッリとは家々の複数形で、1つ1つの家はトゥルッロといい、15世紀の領主アクアヴィーヴァ伯爵が税金逃れのため、すぐに解体できる家を造らせたのがトゥルッリの原型です。
土台も骨組みもなく、この地方で採れる石灰岩を積み石灰を塗って仕上げた白い壁の上に、灰色の切石を積み上げて1つの部屋ごとに1つずつ円錐形の屋根を載せた構造で、玄関や廊下はなくドアを開けると直接部屋になっています。
屋根に石灰で神話や宗教的なシンボルを描いた家や2階建ての家など1,500軒あまりのトゥルッロがあり、中にはホテルとして開放されているところもあります。夜はライトアップされた美しい街並みも楽しめます。


のどかで牧歌的な風景が広がる「オルチャ渓谷」 

現地では「ヴァル・ドルチャ」と呼ばれる「オルチャ渓谷」は、トスカーナ州シエナ県南部に位置するアミアータ山からキアーナの谷に向かって、緩やかに傾斜する丘陵地とラディコーファニからモンタルチーノにまたがる丘陵地に広がっています。
中央を流れるのはオルチャ川で、ピエンツァ、モンタルチーノ、カスティリオーネ・ドルチャ、サン・クイリコ・ドルチャ、ラディコファーニの5つの街とその全域は「ヴァル・ドルチャ美術・自然・文化公園」となっています。
塩分を含む粘土質の土壌であるため耕作に向かない土地でしたが、約300年に渡る土壌改良の結果、現在見られるなだらかな丘陵と天高く伸びる糸杉がぽつぽつと林立する田園風景が誕生し、その努力が認められて「自然遺産」としてではなく「文化遺産」として2004年に世界遺産に登録されました。
特産品はワイン、チーズ、オリーブ・オイルなどで、中でもモンタルチーノ周辺で生産される赤ワインやピエンツァを中心に生産されるペコリーノ・チーズはお土産として人気があります。


「8」にこだわった城 「カステル・デル・モンテ城」

南部プッリャ州アンドリアの郊外にある「カステル・デル・モンテ城」は、名君として知られた神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ2世が13世紀に建てた城です。
キリスト教の聖地とされていたシャルトルとイスラム教の聖地メッカの2点を結ぶ直線上に位置し、数学の造詣が深かったフリードリヒ2世は黄金比を用いた八角形を象徴的に取り入れ、全体を八角形にし、中央には八角形の中庭を、8つのコーナーには八角形の小塔を配しました。
2階には部屋が8つあり、全ての部屋の装飾や柱頭にも8枚の葉があしらわれるなど、「8」にこだわる設計が見られます。
またユリウス暦の8番目の月に当たる月の8番目の日、現在の10月8日には南西の高窓から中庭側の低窓まで太陽光が一直線に入り、春分と秋分の日の正午には建物の影が八角形の中庭の1辺とぴたりと重なるなど、天文学的にも秀出た設計となっています。


多彩な魅力にあふれるイタリアの世界遺産

長靴の形をしたイタリアの面積は日本より小さく、日本の約0.8倍の国土に実に多くの世界遺産が詰まっています。
この他にもおなじみのローマやフィレンツェ、ベネチアに加え、キリスト教の受難を今に伝える洞窟住居「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」や海岸線や断崖に張り付くように建つ「アマルフィ海岸」や「チンクエ・テッレ」などの風光明媚な景勝地、異文化が交差する「パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群」など趣の異なる世界遺産がたくさんあり、多彩な魅力にあふれています。
一度といわず何度も訪れて、イタリアの世界遺産を巡りたいですね。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. elegantcafe_img1-01 女子旅にオススメ!台北のエレガントカフェ3選!
    FOODSPOT
  2. shutterstock_236511670 見所満載!アルゼンチンで訪れたい街
    TIPSTOWN
  3. shutterstock_473849968 各地に残る、日本のおとぎ話発祥の地
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_300856853 「黄金の街」とも称される1000年の都、プラハの観光名所
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_191911313 大自然を満喫!アイスランドで観光アクティビティを楽しむ
    TIPSTOWN
  6. 268_1_illuminations_img1 冬は外へ出かけよう!お薦めのイルミネーションスポット
    SPOTTREND
  7. worldheritagecity_img1-01 民族と文化が交差する国スペインの「世界遺産指定都市3選」
    CULTURETOWN
  8. フランス最大の港湾都市 マルセイユの絶景観光スポット フランス最大の港湾都市 マルセイユの絶景観光スポット
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事